【レンダリング】三菱・新型「デリカD:5」にACTIVE GEAR(アクティブギア)が登場したら?新型に対するユーザー評価も記載してみる【動画有】

新型「デリカD:5」が登場しての周りの評価は?

さて、先日より先行予約がスタートし、公式的なデザインが公開された三菱・新型「デリカD:5」ですが、ユーザーから見る評価は相当に厳しいようで、「なぜ競合モデルにトヨタのベルファイヤやアルファード、日産のエルグランド等を対象としたのか」「三菱のデザイン担当はどうして三菱本来の特徴でもあるオフロード感を捨ててまでラグジュアリー感を優先したのか」「ってかあの標準車の髭剃りグリルは何?」等、とにかく今回のデザインはマイナス評価が下されている状況ですね。

そうなってくると、実際に新型「デリカD:5」をオーダーしたユーザーがどれだけいるのか?メーカが想定した初日もしくは初月のオーダー数に対してどれだけ多いのか?少ないのか?といったところだと思いますが、個人的には初めて見たときのインパクトはかなり大きいものの、見慣れてくるとそこまで違和感が無いと思うのが正直なところ。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

開発担当者の考えはユーザーの意見を取り入れた?

【【新型デリカ】三菱自動車の開発担当が語る実車の見どころ[clicccar公式 第2チャンネルです]】

また、上の三菱・新型「デリカD:5」のデザイン等を担当した商品企画部の方のインタビューを聞いてみると、「現行デリカD:5は悪路走破性が唯一無二の個性として高く評価されていた反面、静粛性や質感、あとは安全装備といったところが改良・要望点として挙がっていたため、現行デリカの良いところを踏襲しつつ改良・要望点を克服して更なる進化を遂げようと考えた」とコメントしています。

エクステリア面については「現行デリカD:5の外観はアウトドア色が強くてユーザーを限定している一面もあるので、アウトドア色をキープしつつも上質感をプラスした」と説明していますが、アウトドア色を強くしたデザインが「デリカD:5」本来の特色であり、三菱の個性でもあるため、その個性を押し殺してまでの上質感を与えることは、ある意味思い切ったことではないかと思いますね。

新型「デリカD:5」にアクティブギアが登場したら?

ちなみにコチラは新型「デリカD:5」のACTIVE GEAR(アクティブギア)。
現行「デリカD:5」の特別仕様車に倣ったオレンジのアクセントを加えた一台となりますが、個人的にこういったオレンジアクセントとメッキ部分をブラックにすることで、フロントデザインのインパクトを控えさせるというのもアリなのでは?と思ったりもしますね。

こちらは都会派スタイルを貫くURBAN GEAR(アーバンギア)のフロントデザインを加味したACTIVE GEARとなります(何かややこしい)が、このデザインもダイナミックシールドを上手く取り入れていますね。

三菱・新型「デリカD:5」に関する最新情報はコチラにてまとめております。

☆★☆新型「デリカD:5」最新情報5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう