BMW・新型「8シリーズ」の公式カタログを入手。やはりトップグレードモデルだけあって表紙から凄すぎる件

豪華過ぎる「8シリーズ」のカタログを入手

BMWのトップレンジモデルで、日本でもいよいよ販売がスタートした新型「8シリーズ・クーペ」。
新型「8シリーズ・クーペ」では、100%ガソリンモデルの「M850i xDrive」とディーゼルモデルの「840d」の2種類がラインナップされていますが、日本ではディーゼルモデルが販売されず「M850i xDrive」のみが市販化され、その車両本体価格は17,140,000円とトップレンジモデルだけあって価格も上位クラス(「750Li Excellence」で17,920,000円)となっています。

そんな上位モデルの公式カタログを入手したわけですが、やはりカタログの品質も相当に高く、配布される部数も非常に少ないということなのですが、今回だけ特別に頂くことができました。
いつも御世話になっているFukui BMWさんには心より感謝申し上げます。

スポンサーリンク

早速カタログの中身を見ていこう

さて、早速新型「8シリーズ」のカタログを見ていきましょう。
表紙からいきなり高品質なハードケースが登場しています(高校や大学の卒業式で貰えるようなあのカバー)。

早速1枚目をめくってみると、新型「M850i xDrive」のフロントの一部が登場。

こちらは目次となっています。項目としては以下の通り。

1. THE NEW BMW 8 SERIES COUPE
2. DESIGN AND HIGHLIGHTS
_P22 The Vision
_P24 エクステリア・デザイン
_P26 インテリア・デザイン
_P27 Dynamicx BMW M8 GTE
_P30 DynamicsニューBMW M850i xDriveクーペ
3. INNOVATION AND TECHNOLOGY
_P32 The Vision
_P34 ドライバー・アシスタンス
_P36 BMWコネクテッド・ドライブ
_P38 快適性と機能性
4. EQUIPMENT
_P40 The Vision
_P42 BMW Individual
_P44 ボディ・カラー
_P46 シート・マテリアル&カラー、インテリア・トリム、インテリア・カラー
_P50 主要緒元

「8シリーズ・クーペ」に入る前のBMWの思いが記されています。

勇気について、お話ししましょう。
今、なぜ勇気が必要とされているのか。

勇気とは、孤高で、、かつ破壊的です。
勇気はつねに私たちを問い質し、すべてを打ち砕き、新たなる目覚めをもたらします。
私たちすべてに必要なのは、大胆なる勇気。
求められるのは、斬新な発想をもつ前向きな人、夢を追い続け、諦めることを知らない人です。

私たちは、信じています。
誰より先に立つ人々を。
時代さえ追い越す知性ある人々を。
停滞や後退に抗う人々を。
勇気とは、ただ前へ進むこと。
明日を変革する文化の先駆者を突き動かすこと。
まったく新しいなにかを生み出すこと。
卓越の、その先へ至ること。

今、勇敢なるアイデアのもと、新たなるラグジュアリーが誕生します。
自身を以て、高らかに、世界へ向けて。
勇気あるあなたに、届けるために。

めまぐるしい進化の時代にあって、我々はいつも未来へと急かされている。
それでも、時として私たちは驚かされる。そう、心の奥底に触れられたような、かけがえのないなにかに出会った瞬間に。

パワーとは、物理学で定義されたエネルギーの大きさに過ぎない。それを引き出した者だけが、その強さを手にすることができる。

追い求めた幸福。探し続けた愛。称賛された成功。
向き合ってきた挫折。至高を手にする努力。完璧への挑戦。
解き放つときは、今。

私たちは、1000分の1秒単位のスピードを生きている。
時は、瞬く間に過ぎていき、追い越してしまわぬ限り、その足元を捉えることすらできない。

誰かの背中を追いかけるだけの生き方では、だれでもたどり着けるような場所にしか行き着かない。さぁ、今こそ、新たなる軌跡を残す時。

揺るがない信念。遥かなる場所。かけがえのない人。
あるいは、進むべき道。時として、到達して初めて、それを成し遂げたことを知る。

BMWグループのチーフデザイナであるエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏が、究極のラグジュアリーセグメントにおける新しいデザインについて語っています。
「ラグジュアリーは、感性を駆り立てるものでなければならない」

エクステリアデザインに対する考え
・研ぎ澄まされた究極のライン
・完璧は細部に宿る
・生き方さえ示唆する哲学
・力強いプロポーション
・進化の証明

インテリアデザインに対する考え
・ラグジュアリーとは、スポーティであること
・妥協なき、2つの世界。スポーティネスと絶対的なラグジュアリーを融合した、ニューBMW8シリーズクーペ
・サーキットに魅せられて。インテリアの細部に至るまでダイナミックに仕上げられた、ニューBMW8シリーズクーペ
・完全無欠のラグジュアリー、正真正銘のスポーティネス

レーシングモデル「M8 GTE」と「8シリーズ・クーペ」のコラボレーション。

今回日本にて市販化される「M850i xDrive」のスペックが記載されています。
パワートレインは、排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力530ps/最大トルク750Nmを発揮。
パフォーマンス性としては、0-100km/hの加速時間が3.7秒に到達し、卓越した俊敏性と快適性を両立したアダプティブMサスペンション・プロフェッショナルを採用しています。

新型「8シリーズ・クーペ」の先進性とテクノロジー。
エモーションを具現化するためのイノベーションやドライビングアシスト、コネクティビティとインフォテイメント、そして快適性と機能を示しています。

BMWの更なる可能性と広げるBMW INDIVIDUAL。
自身の納得いくデザインを実現したスペシャルプログラムとなります。

こちらはボディカラー。
新型「8シリーズ・クーペ」にラインナップされるボディカラーは以下の通り。

・アルピン・ホワイトⅢ(ソリッド系)
・ミネラルホワイト(メタリック系)
・ブラック・サファイア(メタリック系)
・ブルーストーン(メタリック系)
・ブルー・リッジ・マウンテン(メタリック系)
・ソニック・スピード・ブルー(メタリック系)
・サンセット・オレンジ(メタリック系)
・バルセロナ・ブルー(メタリック系)
・カーボン・ブラック(メタリック系)
・ドラバイト・グレー(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・アヴェンチュリン・レッド(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・アルマンディン・ブラウン(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・タンザナイト・ブルーⅡ(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・フローズン・ブルー・ストーン(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・ブリリアント・ホワイト(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・ピュア・メタル・シルバー(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・フローズン・ダーク・ブラウン(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・フローズン・アークティック・グレー(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・フローズン・カシミヤ・シルバー(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・フローズン・ブリリアント・ホワイト(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)
・フローズン・ダーク・シルバー(BMW INDIVIDUAL&メタリック系)

様々なテーマを持つインテリアデザイン。

最後は主要緒元ですね。

・全長4,855mm×全幅1,900mm×全高1,345mm、ホイールベース2,820mm
・最低地上高:130mm
・トランクルーム容量:420L
・最小回転半径:5.2m
・駆動方式:四輪駆動(AWD)
・タンク容量:68L

☆★☆「8シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう