BMW・新型「1シリーズ(F40)」の開発車両が再び登場。カモフラージュが一部剥がれ、リヤテールランプは安定のレクサス風

新型「1シリーズ」の一部が遂に明らかに!

来年より正式発表される予定のBMW・新型「1シリーズ(F40)」と思われる開発車両が目撃されています。
今回登場する予定の第3世代となる新型「1シリーズ」はフルモデルチェンジということで、前世代モデルと比較して駆動方式は後輪駆動(FR)から前輪駆動(FF)に変更され、メルセデスベンツの新型「Aクラス」と真っ向勝負となります。

スポンサーリンク

スタイリングはスポーティハッチバック、リヤテールはレクサス?

過去これまで何度か目撃されている新型「1シリーズ」ですが、今回は一部(ボンネットやAピラー、ルーフ、一部ドアサイドパネル)のカモフラージュが剥がされた状態にて目撃されています。
サイドからのスタイリングを見ていくと、滑らかな傾斜を持つAピラーからルーフへと流れ、トップルーフからリヤハッチにかけて下っていくクーペ風ハッチバックといった印象で非常にスタイリッシュに仕上げられています

リヤデザインは、カモフラージュが剥がされていないままになっていますが、特にリヤスポイラーは設けられておらず非常に控えめ。

リヤテールランプは中期型のレクサス「GS」のようなL字型を採用していますが、ここ最近のBMWのリヤテールランプはほとんどがL字デザインとなっていますね。

気になるグレードについてですが、「M130i xDrive/M140i xDrive」といったレンジトッピングモデルは標準的に四輪駆動(AWD)が採用され、パワートレインにはメルセデスベンツAMG「A35/A45」に匹敵するような直列4気筒ターボチャージャーエンジンもしくはディーゼルターボエンジンがラインナップ予定となっています。

なお、新型「1シリーズ」は2019年3月に開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2019にて世界デビュー予定で、競合モデルとしてメルセデスベンツ「Aクラス」やアウディ「A3」、ボルボ「V40」等が挙げられています。

☆★☆BMW関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう