マセラティ・スポーツSUV「レヴァンテGTS」が世界初公開。最上位モデル”トロフェオ”よりも控え目の550馬力、価格は約1,350万円から

マセラティ「レヴァンテGTS」がLAオートショーにてデビュー

先日より開催中のアメリカ・ロサンゼルスオートショー2018にて、マセラティのミドルサイズSUV「レヴァンテGTS」が世界初公開されました。

今回発表されたモデルは、元々今夏に発表されたグレードをベースに排気量3.8 V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力550ps/最大トルク730Nmを発揮するハイパフォーマンスSUVモデルとなります。
駆動方式としては、四輪駆動(AWD)システムを搭載し、トランスミッションは8速ATを採用、パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間は4.0秒と圧倒的な加速力で、最高時速は291km/hにまで到達します。

スポンサーリンク

トロフェオの血を引継ぐダウングレードモデル

新型「レヴァンテGTS」では、強力なV8エンジンに加えてより大きなエアダクトを設けたスポーティなフロント・リヤバンパー、そして大口径タイプのド派手な20インチアルミホイールを標準装備します。

インテリアについては、運転席&助手席12wayパワー調整式スポーツシートとシートヒータ&シートベンチレーション(シータエアコン)&ステアリングヒータを装備し、更には14スピーカーのHarman Kardonオーディオシステム、リミテッド・スリップ・ディファレンシャル、Skyhookエアサスペンション(エレクトリック・ダンピング有り)等も標準装備されます。

価格はトロフェオよりも控えめの約1,350万円から

なお、価格としては約1,350万円からとなり、レンジトッピングモデルとなる「レヴァンテ・トロフェオ」の約1,920万円よりも大きく下回る価格帯となります。
※ちなみに、「レヴァンテ・トロフェオ」のパワートレインは、排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力590ps/最大トルク730Nmを発揮。パフォーマンス性としては、0-100km/hの加速時間が3.7秒、最高時速は300km/hにまで到達。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお、マセラティは今回のロサンゼルスオートショー2018にて「レヴァンテGTS」の他に、最新のインフォテイメントシステムと直観的なシフトパターンを備えた「ギブリ/クアトロポルテ/(従来の)レヴァンテ」も出展予定でとなっています。

☆★☆マセラティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう