最高出力2,100馬力までチューンアップした日産「GT-R」。ボンネットからの直排気は圧巻【動画有】

20161205_1_gtr

国内外問わず、世界的に有名且つとにかくカスタムされやすい日産「GT-R」ですが、T1レースデベロップメントが製作した”HTZ4504ターボチャージャー”を用いて、排気量4.0Lにボアアップし、更には最高出力を2,100馬力にまで向上させているとのこと。

スポンサーリンク

間違いなく世界で最もエクストリームな「GT-R」と言えると思いますが、ボンネットからの直排気もかなりの見もの。そこから放たれるアフターファイアはまさに圧巻の一言ですね。

「そもそもまっすぐ走れるの?」という疑問があるかと思いますが、シャシーの調整もしっかりと施されており、驚異的な加速力をみせるあたり、T1レースデベロップメントのレベルはかなり高いと言えますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう