BMW最強のトップグレード「M8コンペティション」が完全リーク。マットブルー&マルチスポークホイール&ブラックパーツ多めのヤバい奴や!

遂に「M8コンペティション」の姿が明らかに!

BMWのトップグレードモデル「8シリーズ」は、欧州モデルではディーゼルモデルの「840d(xDrive)」とガソリンモデルの「M850i(xDrive)」がラインナップされ(日本ではガソリンモデルのみ)、今後数か月以内には高性能トップレンジモデルとなる「M8」が発表される予定ですが、今回その「M8コンペティション」が完全リークしています。

今回この画像をリークしたのはGermanCarForumと呼ばれるグループで、「M8コンペティション」や「8シリーズ・カブリオレ/新型3シリーズ」といったモデルや各種パーツ類が見える倉庫にて目撃されています。

スポンサーリンク

あらゆるポイントにてスポーティさを向上

「M8コンペティション」では、かなりアグレッシブさを増した両サイド2本だしのクワッドエキゾーストパイプをインストールし、ルーフやサイドミラーキャップ、トランクリッドスポイラーにはカーボンファイバを多く使用することでメリハリのあるデザイン、そしてスポーティさを向上させています。

フロントエンドを見てみると、キドニーグリルはフレームやヴァーティカルスリットも含めてブラックペイント処理され、フロントエアインテーク周りやフロントアンダーにはカーボンパーツが採用されていますね(これは何とも勇ましい…)。

リヤデザインは何ともワイド感がハンパ無いですね、コレ。
カーボンチップ搭載のクワッドエキゾーストと、カーボンファイバを使用したリヤディフューザー、そして何とも取扱いの難しいマットブルーとの相性は抜群。

リヤエンドのバッジにはブラックとホワイトを使用した「M8 competition」の表記が。

足元には独特のデザインを持つマルチスポークタイプ(星形を交差したデザイン)のアルミホイールを採用。ブレーキキャリパはゴールドでしょうか?何とも不思議な組み合わせですね。

インテリアはシンプルながらもカーボンを贅沢に使用

こちらはインテリアデザイン。
ステアリングホイールはフラットボトムタイプではなく真円系のシンプルなデザイン。
センターコンソールにはカーボンパネルが使用されていますね。

シートはブラックとベージュ?のようなバイカラーレザーシートを採用し、ヘッドレストには「M8」のバッジを貼付しています。
なお、「M8コンペティション」の気になるパワートレインですが、「M850i」をベースとした排気量4.4L  V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650ps以上を発揮することが期待されています。
具体的な発表時期については、2019年3月に開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2019が濃厚と言われています。

☆★☆「8シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう