よりスポーティさを増したアウディ「e-tronローンチエディション」を初公開。イギリス価格ではかなり高額の約1,180万円から

「e-tronローンチエディション」が遂に登場

アウディは以前、100%エレクトリッククロスオーバーモデル「e-tron」を世界初公開しましたが、今回そのモデルの初期生産モデルとなるローンチエディションが世界初公開されました。
このモデルは、2019年初めより正式オーダーがスタートするとのことで、販売価格はイギリスでは約1,180万円からとなりますが、従来モデルの約830万円に比べると約300万円もの価格アップになり非常に高額ともいえますね。

スポンサーリンク

装備内容はかなり充実。それでもやっぱり+300万円はちょっと高くない?

なお、今回発表された「e-tronローンチエディション」は、特別装備としてバーチャルドアミラー(ミラーレス)やマトリックスLEDライト、Valconaレザー、21インチ合金ホイールが標準的に採用され、デザインも従来モデルに比べてアグレッシブさが増し非常にスポーティな仕上がりとなっています。
特にその中でも注目すべきはバーチャルドアミラーで、解像度は1,280×1,080ピクセルとかなり高く、暖房機能も設けられ汚れの検知に反応し、ミストや雨、寒冷地でのフリーズにも対応します。
また、折り畳みも可能ということで全幅から最大150mm縮めることが可能となります。

その他の特徴としては、シングルフレームグリルサラウンドやウィンドウキャリングのためのブラックスタイリングパック、Bピラーから後方に延びるプライバシーガラス等も標準装備されます。
インテリアにおいては、ツインレザーが採用されない代わりにパノラマガラスサンルーフや照明付ドアシルトリム、マットブラシ入りアルミニウムインレイ、バルコナレザー等も装備。

機能性においては、フルデジタルのアウディ・ヴァーチャル・コックピットプラスディスプレイ(Audi Virtual Cockpit Plus Display)やハプティックフィードバック&音声コントロールを備えた大型MMIタッチレスポンスディスプレイ、アウディ・スマートフォンインターフェイス、アウディ・フォンボックス・ワイヤレス充電、MMIナビゲーションプラス、インターネットベースのアウディインフォテイメントサービスも搭載します

その他には、パワーステアリング調整やアダプティブクルーズコントロール、カメラ認識による交通標識認識、パノラマビューを含むアラウンドビューカメラも標準装備されます。

☆★☆「e-tron」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう