レクサス「RC F”Track Edition”」が1月14日のデトロイトMSにてデビュー決定。併せてティーザー画像も公開に

遂に「RC F Track Edition」のティーザー画像が公開

レクサスの2ドアハイパフォーマンススポーツクーペ「RC F」をベースにした、更なるハードコアモデル「RC F Track Edition(トラック・エディション)」が、2019年1月14日より開催のアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて正式に世界初公開されることがわかりました。

スポンサーリンク

外観はマイナーチェンジ後の「RC」がベース

この個体はもともと「RC F”GT”」として登場する予定でしたが、Automotive Newsによれば、正式に「RC F Track Edition」として登場すると報告されています。
これについてレクサス北米のマーケティング担当副社長は「伝統的なブランド力に、ドライビング・ダイナミクスやスタイリング、エキサイトメント、パッション、そしてエモーションを追加することができる」と説明。

外観については、先日マイナーチェンジにてフェイスリフト化した「RC」同様に、フロントヘッドライトは縦型三眼LEDヘッドライトを採用し、LEDデイタイムランニングライトは「LC」のようにシームレスに変更されています。
加えてフロントエアインテークも大口化され、メッシュデザインへと変更されています。

フロントフードとルーフはカーボンファイバ(CFRP)へと変更され、これは以前に発売された「RC F Carbon Exterior Package」と同じ仕様になりますね。
その他にも、カーボンファイバ製サイドスカートエクステンションやリヤウィング、ブラックペイントされたダブル5スポーク軽量合金ホイールが装着されていますが、特にホイールは「RC F」同様にBBSと共同開発の軽量鍛造ホイールを採用してくるかもしれません(ブレーキキャリパはホワイト?)。

リヤはこんな感じ。
ティーザー画像に公開されたカーボンファイバ製リヤウィングや新デザインのリヤバンパー、スポーティな両サイド2本だしのクワッドエキゾーストパイプをインストールしています。
車体重量については明確な情報は公表されていないものの、標準モデルよりも362kgも軽量化されるとのことですが、一体どこをどう削ったらこれだけの軽量化が施されるのかとても興味深いポイントです。

パワートレインについては、高性能エキゾーストシステムと改良された冷却システム、そして潤滑システムを搭載した排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載する思われ、最高出力473ps/最大トルク528Nm以上を発揮するとのことです。

☆★☆レクサス「RC」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう