こち亀のフェラーリ焼き芋を再現?過激カスタムしたフェラーリ「F430」の焼き芋屋さんが登場

何とフェラーリの焼き芋屋さんが登場?!

以前、マツダ「ロードスター」やサイバーパンクなトヨタ「センチュリー」が牽引する焼き芋屋さんが大きな話題を呼びましたが、今回は東京都多摩郡の「ひので三ツ沢つるつる温泉売店」にて世界最高レベルとなるフェラーリ「F430」を使った焼き芋屋さんが登場。

上の画像を見る限り、今回目撃されている「F430」はかなり過激なカスタムが施されており、カナード一体とも思われるフロントエプロンや、リバティーウォークルックの外付けリベット留めとなるオーバーフェンダー、社外メーカのシングル5スポークアルミホイール、そしてフロントボンネットやサイドドアパネルにはシルバーデカールと「F430」とかけての”43”のナンバーステッカーが貼付された拘りとクセの強すぎる一台となっています(聞くところによる「360モデナ」をベースに「F430」専用キットを移植しているのだとか)。

スポンサーリンク

焼き芋を買えば、もれなくフェラーリサウンドも楽しめる?

ちょっと角度を変えてみるとこんな感じ。焼き芋用のユニットも「F430」同様にロッソコルサ?風に塗装され、かなり気合の入った焼き芋がもらえそう。
いったい一本当たりいくらにて販売されるのでしょうか?
そういえば、漫画・こち亀の中川巡査が自身の愛車「F40」を使って、排火熱にて焼き芋を作っていましたが、それに倣ったパフォーマンス用なのかもしれません。

こちらが焼き芋屋台の看板。
「SUPERCARやきいも」と表記されていますね。
フェラーリの甲高いV8NAのエキゾーストサウンドを聞きながら、ホクホクの焼き芋を食べれるという幸せ。
仮に焼き芋1本1,000円で販売されていたとしても絶対に買いたくなる一品です。

こちらが噂のマツダ「ロードスター」の焼き芋屋さん「ロド芋」。

こちらは何とも個性的過ぎるトヨタ「センチュリー」の焼き芋屋さん仕様。

☆★☆カスタム珍車関連記事3選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう