日本国内でもマツダ・新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」の開発車両がカモフラージュ無しでテスト走行開始。結局日本での発売は?現行モデルはいつまで販売?

日本でもようやく新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」の開発車両が目撃に

11月末にアメリカ・ロサンゼルスオートショー2018にて世界初公開されたばかりのマツダ・新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」の開発車両(ハッチバック版)が、ようやく日本でもテスト走行を実施しているシーンが目撃されています。
今回目撃された画像は、このリヤデザインの一枚のみとなりますが、ボディカラーは何とも珍しいポリメタルグレーと思われ、開発車両特有のカモフラージュは施されておらず、仮ナンバーを装着した状態にて高速道路を走行しています。

リヤデザインは、「魁(Kai)コンセプト」同様に二眼LEDテールランプを搭載し、リヤテールパイプは両サイド1本だしとなっています。

スポンサーリンク

結局いつ頃発売するの新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」?

足元のアルミホイールは、ちょっと見づらいですがセダンタイプのダブル5スポークっぽいデザイン(17~18インチっぽい)となっており、この辺りはもしかするとハッチバック版のホイールと共有しているのかもしれません。

気になるパワートレインについては、排気量1.5L/2.0L/2.5LのSKYACTIV-Gと、排気量1.8LのSKYACTIV-D、そしてSCAC(Spark Controlled Compression Ignition)を搭載するSKYACTIV-Xがラインナップ予定となっていますが、実は日本での販売は後回し状態となっており、真っ先に販売されるのはアメリカの2019年初め頃となっています。

その後は中国をはじめとするアジア圏や欧州と流れ、最後に日本ということになりますが、それでも生産時期は2019年3月上旬ごろを予定(そう考える初期ロットの納車は4月中旬ごろ?)しています。
なお、現行の「アクセラ/マツダ3」は2019年2月より生産調整が入り、2月22日で生産終了する予定となっています。

☆★☆「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」関連記事3選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう