日産・次期コンパクト軽「デイズ(DAYZ)」の開発車両をキャッチ。マイルドハイブリッド搭載で、2019年3月にマイナーチェンジ予定

2019-02-13

3月フルモデルチェンジ予定の次期「デイズ」の開発車両が登場!

日産の次期コンパクト軽自動車モデル「デイズ(Dayz)」と思われる開発車両がスペインにてキャッチされています。
今回目撃されている次期「デイズ」ですが、全体的にかなり分厚いカモフラージュが施されているものの、フロントデザインが立体的なので結構明確に輪郭が捉えられる状態になっています。
とりあえずフロントグリルは日産のシンボルデザインとなるVモーショングリルを採用するものの、そこまで大幅な変更は施されることはないと予想し、フロントヘッドライトは若干釣り目で、ライトのハウジングは少し細く鋭くなっていることが確認できます。

スポンサーリンク

プラットフォームやエンジンも刷新へ

車体サイズにおいては、全長が約3,400mm、全幅が約1,620mmと非常にコンパクトですが、次期型においてはプラットフォームやエンジンなど基本コンポーネントを刷新するため、もしかするともう少しサイズアップする可能性が高そうです。

なお、現行「デイズ」は三菱との共同開発であったものの次期モデルについては日産側をメインに立たせての開発となる模様(これの派生版に三菱「ekワゴン」もフルモデルチェンジ予定)。
あとは、ホイールデザインも大きく変更され、現在のトレンドデザインにもなっているスパイラルタイプを採用するかも?

リヤデザインもカモフラージュ分厚めですが、リヤテールライトは変わらずの縦型になるものの、若干のハウジングの変更はありそうです。

気になるパワートレインですが、排気量660cc 直列3気筒ガソリンエンジンに加えて、モーターアシスト方式マイルドハイブリッドを搭載することが確定しています。
駆動方式は前輪駆動(FF)と四輪駆動(AWD)をラインナップ予定で、生産は三菱自動車が引き続き担当。
価格帯については、約100万円からと予想、登場は2019年3月を予定しています。

新型「デイズ/eKクロス(eKワゴン・クロスオーバー)」に関する記事はコチラにまとめています。

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう