トヨタ・新型「スープラ」にコンバーチブルモデルが登場する?!チーフエンジニア「コンバーチブルはもちろん考慮している」

「スープラ」にコンバーチブルモデルが登場する?

来月より開催のアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて、BMWと共同開発を進めてきたトヨタ・新型2ドアスポーツクーペ「スープラ」がいよいよ登場しますが、新型「スープラ」の開発を担当したチーフエンジニアの多田 哲哉氏によれば、新たなるボディスタイルの一つとしてコンバーチブルモデルも検討を進めていることを明らかにしました。

スポンサーリンク

トップルーフはハード&ソフトトップの2種類が登場する可能性も

また、自動車ニュースサイト・CarSales.com.auも、トヨタと共同開発を行ったBMWとの間には”スープラにコンバーチブルモデルを作ってはいけない”といった契約は行っていないと報告していることから、「スープラ」に派生版が登場する可能性は十分に有り得るとのこと。
また、トップルーフにおいてもハードトップもしくはソフトトップの何れかから選択できるように幅を広げる可能性もあり、このあたりは「Z4」との大きな差別化を図ってくるかもしれません(仮にコンバーチブルが登場すればの話ですが…)。

もちろん、これの反対も同じことが言え、「Z4」のクーペタイプが登場する可能性も十分に考えられるでしょうが、これについてはBMWサイドからこれといった情報は展開されていないため、今のところクーペタイプについては特に検討していない(もしくは密かに検討が進められている?)のかもしれません。

☆★☆「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう