東京AS2019にて、スバル「フォレスター/インプレッサ」ベースのSTIコンセプトが登場。もちろん足元には超強力なブレンボ製ブレーキを装備

東京オートサロン2019にて、特別なSTIコンセプトが2台登場!

来月2019年1月より開催される東京オートサロン2019にて、スバル「フォレスター/インプレッサ」をベースにしたハイパフォーマンスモデル「フォレスターSTIコンセプト/インプレッサSTIコンセプト」が発表されることがわかりました。

まず、「フォレスターSTIコンセプト」ですが、パッと見の外観はかなりガチともいえるスポーティなデザインで、ファイター・グレーと呼ばれる専用ボディカラーにて塗装。
足元にはマルチスポークタイプの19インチ鍛造ホイールを装着し、フロントには6ピストンキャリパーを備えた高性能ブレンボ製ブレーキシステムをインストールしています。

スポンサーリンク

「フォレスターSTIコンセプト」にはイエローのアクセントカラーを加味

更にこのコンセプトモデルでは、これまでのSTIでは中々見ることのできなかったイエローアクセントを加えたワイドなサイドスカート、リヤバンパー、ブレーキキャリパを装備し、ハニカムメッシュインサートとSTIバッジ、アグレッシブなフロンとバンパーとダイビングプレーンを備えた改良版フロントグリルを採用することで、これまでにない超絶クールな「フォレスター」に仕上げてきています。

気になるパワートレインについては、より洗練されたe-Boxerユニットと排気量2.0L 水平対向4気筒エンジンを搭載し、システム総出力145ps/最大トルク188Nmを発揮します。

ハッチバックタイプの「インプレッサSTIコンセプト」も登場!

「フォレスターSTIコンセプト」以外には、「インプレッサSTIコンセプト」も併せて登場する予定で、ボディスタイルはハッチバック、フロントスプリッターやワイドなサイドスカートを含むエアロダイナミクスボディキットを特徴とした攻撃的な一台となっています。

グリルも改良され、サイドミラーキャップやAピラー、ルーフ、Bピラー等をブラックペイントすることでメリハリをつけ、更には足元のホイールも軽量の合金ホイールを装着(キャリパーやディスクが確認できないのはちょっと謎)しています。

リヤデザインはこんな感じ。
まさかのリヤマフラが中央2本だしという欧州車のようなマフラレイアウトに仕上げてきましたね。これは現物で是非とも拝見したいところです。

なお、スバルは上記2モデル以外にも「レヴォーグ/WRX」のSTIモデルも出展する予定で、ゴールドチックなRecaroシートや19インチBBS鍛造ホイールといったパーツ関係も展示する予定となっています。

☆★☆東京オートサロン2019関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう