コンセプトは何?廃車となった「マクラーレン・セナ」とブガッティ「ディーヴォ」を廃棄場に置いてみたら?というレンダリングが公開

何とも理解に苦しむハイパーカーのクラッシュレンダリングがまたまた公開

以前、世界限定40台のみ販売されたブガッティ「ディーヴォ」と、マクラーレンのアルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」がクラッシュしたら?というレンダリングが公開されていましたが、これらのモデルを完全廃車レベルにし廃棄場に置いたら?という摩訶不思議なレンダリングを公開。

このレンダリングを作成したのは、前回同様デジタルアーティストのYasid Oozeear氏で、なぜこのようなレンダリングを作成したのか、どういったコンセプトでこのようなレンダリングを作成したのかはわかっていません。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

ハイパーカーはクラッシュしたとしてもある程度の価値はある

これは別の角度からみたレンダリング。
いくらデジタルペイントで描かれたものとはいえ、数億円もする高額な個体をこのような状態にするのはかなりショッキングではありますね。
このレンダリングを作成したYasid Oozeear氏は、これら2台に対して何か思い当たるものがあるのでしょうか?やはりどういった目的でこのレンダリングを作成したのかがとても気になります。

あと、これだけ言えるのは、仮にこれらのハイパースポーツモデルたちが廃車レベルになったとしても、わざわざ廃棄場に持って行く必要はなく、ある程度の高額値で売却できることは間違いないと思います。

☆★☆スーパーカークラッシュ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう