ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」が続々と納車。レッドのボディカラーに”SVJ”のステッカーロゴってどうなるの?

ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」はどんなカラーがオーダーされている?

ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」をベースにした最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ(Super Veloce Jota)」が続々とオーナーのもとへと納車しているとのこと。

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、市販車最速記録を更新した特別な一台(今現在は既にポルシェ「911GT2RS MR」によって塗り替えられているが…)ですが、やはりそういった市販最速記録という称号を得たこともあってか、世界限定900台という台数も既に完売しており、世界で最も売れているアメリカを中心に納車が進んでいる模様。

スポンサーリンク

レッドのボディカラーと”J”のステッカーってどうなるよ?

今回は、シンプルなレッドカラーのロッソ・マーズ(Rosso Mars)と呼ばれるボディカラーにて塗装された「アヴェンタドールSVJ」が納車されていますが、このボディカラーは「ガヤルド・スーパートロフェオ・ストラダーレ」にて採用された特別なカラーとなっています。
しかも、リヤフェンダー付近には”SVJ”のビッグロゴステッカーが貼付されているのですが、”SV”はブラックで”J”はロッソ・エフェスト(Rosso Efesto)と呼ばれるカラーが標準となるため、レッドがカブって”J”だけ読み取れない?といった問題が発生しそう(実際この画像では”J”が読み取れない)。
なお足元のホイールは、マットブロンズカラーのセンターロック式Leirion forgedホイールを装着。ブレーキキャリパはボディカラー同様にレッドカラーを装着しています。

こちらはグレー系のグリジオ・テレスト(Grigio Telesto)に身を纏った「アヴェンタドールSVJ」。
足元のブレーキキャリパにはオレンジカラーを採用しており、このあたりの組合せはマクラーレンっぽい感じがして非常に好み。
なおホイールは先ほどのロッソ・マーズの個体同様にマットブロンズのセンターロック式Leirion forgedを装着しています。

☆★☆「アヴェンタドールSVJ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう