マジか…クリスマスに納車したばかりの「マクラーレン・セナ」が年末にまさかの炎上。しかもオーナーはあの人気ユーチューバー【動画有】

納車したばかりの「マクラーレン・セナ」がまさかの大炎上

アメリカ・ロサンゼルスにて、クリスマスの12/25に納車したばかりの世界限定500台のみ販売された「マクラーレン・セナ」がまさかの大炎上。
詳細は不明ですが、目撃者の情報によれば「マクラーレン・セナ」が無謀な運転によりクラッシュしたわけではなく、突如としてエンジンから発火したということですが、これが過度な空ぶかしによって発生したものかも全くわかっていません。

スポンサーリンク

オーナーは何とのあの大人気ユーチューバーSalomondrin氏

ちなみにこの個体を所有していたのは、何とのアノ大人気ユーチューバーでお馴染みSalomondrin氏で、上記にもある通り、1週間以内に納車したばかりの新車でした。
ボディカラーはマットグレー系で、イエローとグリーンのアクセントが加わったハイレベルなカラーリングに仕上げられた一台。

シャシーナンバーも500台中170台目と結構早い段階で納車されていたんですね。

この大炎上によるケガ人は居ませんでしたが、肝心の「マクラーレン・セナ」は完全廃車レベル。
おそらくエンジンも焼け焦げてしまった可能性がありますね。

車内も消火活動後のため、泡だらけの状態となりますが、車内は特に燃えたような形跡はないとのこと。

なお、「マクラーレン・セナ」の事故は2018年だけで何と3件も発生しており、そのいずれも納車直後というものばかり。
まさか2018年最後の最後にこのような大炎上事故が起きるとは思ってもみませんでしたが、その車両のオーナーが有名ユーチューバーというのも、誰も想像できなかったでしょうね。

ちなみに以下が、クリスマスに納車したことを報告したばかりのSalomondrin氏の動画。

【I Bought This McLaren Senna!】

☆★☆「マクラーレン・セナ」クラッシュ関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう