1月3日早朝に発生したトヨタ「クレスタ」は死亡事故だった。単独事故の可能性低し、事故の瞬間や現場の目撃情報を求めている身内がいらっしゃいます

2019-01-05

「クレスタ」の凄惨事故は死亡事故だった…

1月3日の早朝、東京都・首都高9号線深川線の枝川出口過ぎたすぐのところにて、トヨタ「クレスタ」と思わしき個体が凄惨過ぎる大破事故を起こした記事をご紹介しましたが、この個体に乗っていたドライバが死亡していたことがわかりました(「チェイサー」と記載していましたが、誤記でした)。
未だ事故の詳細は明らかになっていませんが、こちらのドライバの身内様が少しでも現場の状況や事故の瞬間を目撃した方がいらっしゃれば教えて欲しいとのこと。
※「クレスタ」のナンバーは「春日部330 せ4080」となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

本当に単独事故だったのか?それとも、やはりルーレット族の仕業だったのか?

なお、これは前回の記事でも記載しましたが、事故の詳細は不明であるも、フロントやサイドが完全に大破し、おまけにタイヤも外れていることから相当なスピードにて走行していたと考えられます。
運転席側が完全にえぐれてしまっていますが、ガードレールなどに接触するにはあまりにも不自然過ぎる事故ですし、もしかすると他の車両と接触した可能性もあるかもしれません。

ちなみにこの「クレスタ」ですが、首都高にてよく聞く「ルーレット族」(関西では「環状族」)の一人ではないか?とも言われています。
ルーレット族とは、首都高速都心環状線のような環状道路を一周するタイムを競う集団を意味しており、こうしたルーレット族の速度を完全無視した危険走行が原因で死亡事故にまで発展することもあるそう。
今回の不自然ともいえる「クレスタ」の大破事故が、ルーレット族による複数の事故であり、更には死亡事故にまで発展しているため、事故誘発と殺人事故のダブルパンチの可能性も十分に考えられると思います。

なお、以下がその身内様のツイートになりますが、目撃情報などあれば以下の方にコメント等送っていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

☆★☆首都高・関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう