ポーランドのコーチビルダーが三菱「ランサーエヴォリューション・エディションR」を開発中。フロントは「エクリプス・クロス」風、リヤは何とジャガー「F-TYPE」風のスポーツ仕様に

何とあの「ランサーエボリューション」が復活する?!

三菱のスポーツセダンモデル「ランサーエボリューション」をベースに、ポーランドのアフターパーツメーカでありコーチビルダーでもあるDytko Sportが、三菱「エクリプス・クロス」のパーツとデザインを流用した限定1,600台限定の特別カスタマイズモデル「ランサーエボリューション・エディションR(Lancer Evolution Edition R)」の完成イメージを世界初公開しました。

現時点で、このモデルに関する詳細は明らかになっていませんが、Dytko Sportによると1月10日以降に現物が世界初公開される予定となっています。

スポンサーリンク

フロントはまさに三菱現行のデザイン言語を採用

完成イメージ図を見てみると、フロントデザインは確かに現行「エクリプス・クロス」と同じフロントヘッドライトやダイナミックシールド風のデザイン言語を採用し、ワイド感を演出するフロントフェンダーやカスタムベントフード、そしてルーフスクープを確認することができます。

サイドから見てみるとこんな感じ。
スタイリッシュというよりも、こんもりとした4ドアセダンといった印象で、見方を変えれば若干クロスオーバーに見えなくもないですね。

リヤテールランプはまさかのジャガー「F-TYPE」風

リヤデザインはこんな感じ。
大型リヤウィングに加えて、スポーティなリヤディフューザー、そしてリヤテールランプはまさかのジャガー「F-TYPE」風で非常にクール。
そして、リヤバンパーもフロントグリル同様にダイナミックシールド風のフレームを取り込んだユーモアあるデザインを採用しています。

なお、外観以外のパワートレインやサスペンション、ブレーキ等の足回り、ハードウェアコンポーネントの変更も行われることが期待されていますが詳細は不明。
噂による、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力303hp/最大トルク413Nmを発揮するかも?とのこと。
また、トランスミッションは5速MTのみで、駆動方式は四輪駆動と言われています。

☆★☆三菱関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう