まだまだ続く新年早々の事故。今度は中国道・宝塚IC付近にてフェラーリ「488スパイダー」がクラッシュ

今度は中国道でのフェラーリ事故

新年早々、首都高では日産「ケンメリGT-R」の大炎上やトヨタ「クレスタ」の死亡事故、更には東北道ではフェラーリ「360モデナ」が「F50」の競い合いの末の事故等、とにかくトラブル続きとなっていますが、今度は1月4日の早朝に中国道・宝塚IC(インターチェンジ)付近にてフェラーリ「488スパイダー」がクラッシュ。

スポンサーリンク

目撃者情報より事故の原因はスリップ

事故の状況からして、そこまで大きい事故ではないように思えますが、情報によれば「488スパイダー」がスリップし、右フロント&リヤクォーターパネル&右後輪が損傷していることが確認できます。
ドライバに大きな怪我が無くて一安心(クラッシュ後、救援者と車内に入ったゴルフバックを運ぶ等をしていた)ではありますが、大事なスーパーカーがクラッシュするというのはとても心苦しいものがありますね。

なお、中国道でのフェラーリの事故と聞くと、2011年12月4日に起きた山口県下関市小月町の中国自動車道上り線にて発生したフェラーリ8台とランボルギーニ1台、メルセデスベンツ2台他の大クラッシュを思い出しますが、クラッシュの原因は無謀ともいえるスピードの出し過ぎやスピン等で、大きな出力を得るが故の問題がほとんど。

もちろん、一般車両でも同じことが言えますが、とんでもないスピードを誇る車両ほど事故する可能性は高くなると思いますし、こういった車に乗ると注目も大きくなることは間違いないですから、やはり余裕のある運転を心掛けたいところです。

 

View this post on Instagram

 

スーパーカー事故目撃 #スーパーカー#フェラーリ #事故#渋滞 #中国道

Takeshi Suzukiさん(@takeshi2387)がシェアした投稿 –

☆★☆クラッシュ・事故等関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう