ブラバム「BT62」に公道仕様専用キットが登場。但し、車両本体価格1.6億円に約2,150万円の追加費用が必要だ

やっぱり出てきた「BT62」の公道仕様モデル

元F1ドライバでお馴染みのデビッド・ブラバム氏が、自身の名前を用いた新たな自動車ブランド「ブラバム・オートモーティブ」から世界限定70台のみ販売する「BT62」。
今回この個体をベースに、公道走行を可能とするコンバートタイプの専用キットが発売されます。
但し、公道仕様モデルにコンバートするためには、車両本体価格 約1.6億円に加えて追加費用分の約2,150万円が必要となります。

スポンサーリンク

専用キット追加でちょっとしたデメリット…

この公道仕様専用キットは、車両登録の前に先立って、フロント・リヤのアクスル・リフトキットにて最低地上高をアップさせ、更にはステアリングロックのレンジの拡大、様々なアクセサリ(ギヤやエアコン、公道仕様専用のインテリア、ドアロック、イモビライザー)を追加します。
その後、ブラバムが特別に定めたドライバーズ・アンド・ビークル・スタンダード・エージェンシー(DVSA)と個別ビークル承認(IVA)テストを合格させます。

なお、公道仕様専用キットの追加により、車体総重量は標準の972kgよりも更に増えるため、優に1,000kgを超えることが予想されます(これは公道仕様特有のデメリット)。
但し、パワートレインについては一切変更の無い排気量5.4L V型8気筒ターボチャージャーエンジンがミドシップに搭載され、最高出力710ps/最大トルク667Nmを発揮します(但し、車体重量が増えるパワーウェイトレシオ比は低下)。

なお、「BT62」は最も早くて今夏より出荷される予定となっています。

☆★☆ブラバム「BT62」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう