リバティーウォークがオフロード最強コンボを投下。メルセデスベンツ「Gクラス」と”ミニGクラス”ことスズキ「ジムニー」の改造モデルを公開

東京オートサロン2019に向け、リバティーウォークが遂に始動

日本を代表するチューニングメーカ・リバティーウォーク(LB Performance)が、オフロードモデルとして有名なメルセデスベンツ「Gクラス」とスズキ「ジムニー」の改造モデルを公開。
スズキ「ジムニー」は、”ミニGクラス/ミニディフェンダー”という愛称でもお馴染みの箱型クロカンスタイルを持ち、その走破性の高さとリーズナブルな価格帯から数多くのユーザーから愛される一台となります。

既にこれらのモデルを示すレンダリングを2018年夏ごろに公開済みでしたが、今回ようやく実車モデルが初めて公開され、その過激なスタイルと迫力はレンダリング以上のものがあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

間違いなく注目を浴びるであろうクロカン兄弟

装備される特別キットとしては、スズキ「ジムニー」には「Gクラス」に大きく寄せた外観を持つ新デザインのフロントバンパーを備えています。
そのサイズ感は2分の1スケールにも見え、改めて”ベイビーBクラス”と呼ばれているのがよくわかります。

リヤデザインを確認していくと、「Gクラス/ジムニー」共に同一の”LBWK”ロゴ付スペアホイールカバーやルーフマウントウィング、そしてほぼ同じ形状のリヤテールランプを装備。

サイドから見ていくとそのサイズ感の違いがよくわかります。
ブラックの過激な外付けオーバーフェンダーとブラックの大口径アルミホイールを装着。

ルーフに2つのライトバーが取り付けられています。
なお、これらのモデルは今週末の1月11日(金)より開催する東京オートサロン2019にて出展されます。
出展場所は以下を参照ください。

☆★☆リバティーウォーク関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう