BMW・新型「7シリーズ」のリヤデザインも遂に公開。リヤはストリップ&L字テールのシンプルデザインに

遂に新型「7シリーズ」のリヤデザインも明らかに!

先日、BMW・新型「7シリーズ」のフロントマスクが明らかになりましたが、今度はリヤデザインの画像が公開されています。
今回の画像も、VIP顧客を対象とした特別プライベートイベントにて明らかになったリヤデザインとなりますが、リヤテールランプは新型「3シリーズ/Z4/X4/8シリーズ」等にも採用されているシンプルなアローヘッド(L字型)を採用し、更にはアウディやポルシェ等でもみられるセンターまで伸びたLEDストリップテールランプも追加しています。

公開されているのはPHV(プラグインハイブリッド)モデルの「745e」で、パワートレインとしては排気量3.0L 直列6気筒エンジン+電気モータを搭載し、システム総出力388hp/最大トルク600Nmと530hp/750Nmの2グレードがラインナップされる予定となっています。

スポンサーリンク

物議を醸すフロントデザインをもう一度

そしてこちらが100%ガソリンモデルとなる「750i M Sport」のフロントデザイン。
先日公開されたフロントマスクと同じデザインを持ちますが、フロントのキドニーグリルがとにかくデカイの何の。グリルの内部が見えないようになっているのが唯一のグッドポイントですが、前回も記載した通りちょっとシンボルデザインを誇張し過ぎてないかい?と思う程。
エアインテーク周りのデザインはスポーティ性を高めたメッシュグリルを採用しています。

足元のホイールは大口径タイプでブラックとシルバーのバイカラーを採用したマルチスポークタイプに低扁平のランフラットタイヤと思われるものが装着されています。

ちなみに先日リークしていたこちらのフロントデザインですが、もしかするとM SPORTタイプではない従来の「7シリーズ」のフロントデザインの可能性が高そうです。

☆★☆「7シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう