【発表は1月16日】マクラーレン「600LTスパイダー」のティーザー映像が公開【動画有】

「600LTスパイダー」が遂に1月16日に登場!

マクラーレンが、2018年6月末にスポーツシリーズのハードコアモデル「600LTクーペ」を発表して半年以上が経過していますが、遂にオープンモデルとなる「600LTスパイダー」が1月16日にワールドプレミアされるとして、その前段階としてティーザー映像が公開されています。

スポンサーリンク

クーペよりも更に改良されたアグレッシブスタイル

上の画像にもある通り、クーペタイプとは異なる電動開閉式のカーボンファイバ製リヤエンジンフードとセンター2本だしとなるエキゾーストマフラ、カーボンファイバ性リヤウィング、そしてグリーン系のボディカラーが確認できます。
その他にも、アグレッシブなボディワークとフラットなカーボンファイバフロア、より軽量でよりカタいサスペンション、幅広のフロントスプリッタ、リヤディフューザー等のエアロパーツが装着され、更には空力特性も大幅に改良されるとのこと。

今回発表される「600LTスパイダー」は、Automotive Track25計画に基づく3番目に発表されるモデルとなります。
販売方式については、「600LTクーペ」同様に台数が限定されるわけではなく、「発売スタートしてから12か月間のみ生産」するスタイルを持つことが確認されています。

気になるスペックについてですが、「600LTクーペ」と同様に排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、最高出力600ps/歳だしトルク619Nmを発揮。
パフォーマンス性については、こちらもクーペとほぼ変わらないとして0-100km/hの加速時間は2.9秒になると予想。但し、車体重量はクーペに比べて+45kg程度になるのではないかと思われます(「570Sスパイダー」がクーペよりも+45.8kgアップ)

【The edge. Amplified 16.01.2019】

☆★☆「600LT」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう