Toyota Gazoo Racingが新型「スープラ・スーパーGTコンセプト」を世界初公開。併せてスーパーGT500クラスへの参戦も発表

遂に「スープラ・スーパーGTコンセプト」が世界初公開!

本日1月11日より開催の東京オートサロン2019にて、Toyota Gazoo Racingが最新モデル「スープラ・スーパーGTコンセプト(Supra Super GT Concept A90)」を世界初公開すると同時に、2020年シーズンより開催のスーパーGT500クラスにも参戦することを正式に発表しました。

今回発表された個体は、スーパーGT参戦をイメージしたトラック専用モデルで、以前公開されたNASCAR仕様や「GRスープラ・レーシングコンセプト」とは全く異なるデザイン性を持つ一台となっており、スタイリングもこれまで以上にアグレッシブな同色素地のフロントカナードやワイド&ローを強調させるサイドスカート等のフルエアロキットにて仕上げられています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

これまで以上に優れたクルマを作り上げるのがTGRの目指すべき道

「スープラ・スーパーGTコンセプト」には、ホワイトカラーをメインにしながらもToyota Gazoo Racingの特色あるボディカラーを採用。
足元にはセンターロック式のトラック専用ホイールとブリヂストン・ポテンザタイヤを装着。
外側からでもインテリアのロールケージがはっきりと見えるほどにスパルタンに仕上げられています。

リヤデザインはこんな感じ。
新型「スープラ(A90)」をベースとしたリヤテールランプに加え、軽量の大型リヤウィングやレーシング専用リヤバンパー、リヤディフューザーといったスーパーGTにてよく見られるパーツ類を装備。

なお、Toyota Gazoo Racingは今回の「スープラ・スーパーGTコンセプト」の製作を通して、これまで以上に優れたクルマづくりを目指してクルマや人々を育成することを目標にしながら、FIA世界ラリー選手権(WRC)とFIA世界耐久選手権(WEC)等のトップカテゴリーレースにも参戦していく旨を発表しています。

☆★☆東京オートサロン2019関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう