4年ぶりに復活!日本限定350台のみ発売のトヨタ「マークX GRMN」が世界初公開。6速MT採用で価格は513万円から

あのハイパフォーマンスモデル「マークX GRMN」が世界初公開!

いよいよ本日1月11日より開催された東京オートサロン2019にて、Toyota Gazoo Racingが手掛けるトヨタ「マークX 350 RDS」をベースとしたハイパフォーマンスモデル「マークX GRMN」が世界初公開されました。

この個体は、2015年に限定100台のみ販売されたとても貴重な限定モデルの2代目となるもので、GR仕様によりアグレッシブなフロントバンパーやより大きなエアインテークを特徴とし、更にはミニマリストグリルやグロスブラックのアクセント、19インチBBS製鍛造アルミホイールを装着します。

スポンサーリンク

見た目だけでなく走行性能も格段にアップした究極の4ドアスポーツセダン

リヤデザインにおいては、ダクトを設けたリヤバンパーとスタイリッシュなリヤディフューザー、そして両サイド2本だしとなるスポーツエキゾーストシステムを標準装備とし、更にはGR専用モデルを意味するGRロゴや、足元にはホワイトカラーのブレーキキャリパ、高性能なブレーキングシステムを搭載します。

また、オプションにおいてはカーボンファイバ強化プラスチック(CFRP)を用いたルーフが270,000円にてオーダー可能で、これにより車体重量は10kgも軽くなり、車体重心も低くなって、より機敏な運転を楽しむことができるとのこと。

インテリアはこんな感じ。
シートはウルトラスエードのフロントスポーツシートとGRロゴが添付された本革巻ステアリングホイールを準備。

そのほかには、カーボンファイバパーツやピアノブラックアクセント、アルミペダルなども準備しています。

スポーツカー好きにはたまらない6速MT&FRのみのラインナップ

センターコンソールもかなり豪華。
まさかのカーボンファイバのオーナメントパネルを採用してくるとは…

なお、気になるパワートレインは排気量3.5L V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力318ps/最大トルク380Nmを発揮。トランスミッションは6速MTのみで、駆動方式は後輪駆動(FR)一択となります。
パフォーマンス性においては、スポーツ専用サスペンションとショックアブソーバー、更には電動パワーステアリングシステムを搭載することで、よりスポーティな走りを提供します。

なお、販売される台数は僅か350台と非常に少なく、価格は513万円から、発売日は3月11日となっています。

【【2代目マークX GRMN】F1参戦歴ありの井出有治がテスト/V6 3.5Lエンジンに専用6MTをセット[clicccar公式 第2チャンネルです]】

☆★☆東京オートサロン2019関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう