フェラーリの次はランボルギーニと日産か…今度は首都高にて「ウラカン/GT-R R35」がクラッシュ

今度は首都高でランボルギーニ「ウラカン」がクラッシュ

1月10日の21時以降、東京都千代田区にある首都高速道路都心環状線と5号池袋線を結ぶ竹橋ジャンクション(JCT)にて、ランボルギーニ「ウラカン」がクラッシュしていたことが判明。
新年早々に首都高では日産「ケンメリGT-R」、その次には東北道にてフェラーリ「360モデナ」、そして中国道ではフェラーリ「488スパイダー」が立て続けにクラッシュしていますが、このタイミングでランボルギーニ「ウラカン」がクラッシュというのはかなりショッキングな出来事です。

スポンサーリンク

ドライバにケガが無かったことが不幸中の幸いだ

なお、事故の詳細は明らかになっていないものの、前を走っていた車両と衝突した可能性が高く、フロントのみが損傷していると考えられます。
ちなみに「ウラカン」のドライバは無傷とのことで、それだけが不幸中の幸いですが、これによる長時間の渋滞があったとのこと。

また別の情報では、「ウラカン」だけでなく日産「GT-R R35」も事故していたとの目撃情報もあり、新年早々スーパースポーツカーばかりの事故が後を絶ちません。
スーパーカーではなく、トヨタ「100系クレスタ」がタンクローリーに過剰なスピードにて衝突し死亡した事故例もあるため、こうした事故が起きないためにも、日々余裕のある運転を心掛けてほしいものです。

☆★☆クラッシュ・事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう