納車前のテスト走行を行うブガッティ・ハイパフォーマンスモデル「シロン・スポーツ」が目撃に。価格は「シロン」よりも高額な…?!

遂に「シロン・スポーツ」が公道にて登場

ブガッティが世界限定500台のみ販売したハイパースポーツモデル「シロン」ベースのハイパフォーマンスモデル「シロン・スポーツ」が遂に公道にて目撃されています。
コチラの個体、ボディカラーは何ともクールなブルーとブラックのツートンタイプで、中東のオーナー向けに納車される予定なのですが、納車前の過酷なテスト走行(約500km)を実施しているところとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

「シロン・スポーツ」は通常の「シロン」と何が違うの?

「シロン・スポーツ」は、従来の「シロン」に比べて、スペックは何も変わらないのですが、車体重量が約18kgも軽くなっており、複数のパーツ(スタビライザーやインタークーラー・カバー、新開発ウィンドスクリーン・ワイパー等)にカーボンファイバが採用され、更には足元のホイールを更なる軽量タイプに履き替え、リヤウィンドウも軽量ガラスに変更されています。

特にウィンドウスクリーン・ワイパーをカーボンファイバ製にしたのは業界初で、通常のワイパーにて必要であったジョイント部分を不要とし、従来のワイパーよりも1.4kg(何と77%!)の軽量化に成功しています。そして、アルミニウム製ワイパーチップを3Dプリンタにて製作することで更なる軽量化に貢献しています。

足回りも変更され、専用サスペンションを装着することで従来よりも10%程カタく設定されています。
ステアリングは、より直接的なレスポンス性をもたらすように調整され、その他にはダイナミックトルクベクタリング機能を搭載することで、リヤディファレンシャルを最適化しています。

やっぱり価格もぶっ飛んでる

なお、「シロン・スポーツ」の車両本体価格は約3.4億円と非常に高価で、従来モデルよりも約4,000万円高くなっています。
日本での納車情報は、今のところ特に無いものの、アメリカや中東では少しずつオーダーが入っており、そのほとんどが従来の「シロン」を所有する人物とのこと。

参考までにですが、「シロン・スポーツ」のパワートレインは排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮と従来と変わらず。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.5秒以下、0-200km/hの加速時間は6.5秒以下、0-300km/hの加速時間は13.6秒以下となり、最高時速はリミッター付で420km/hにまで到達します。

☆★☆「シロン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう