【レンダリング】ランボルギーニ「ウラカンEvo」ベースの”ペルフォルマンテ”が登場したら?これ結構イケてるんじゃね?

「ウラカンEvo」ベースのペルフォルマンテが登場したら?

先日発表されたばかりのランボルギーニ・エントリーモデル「ウラカン」のフェイスリフト版となる「ウラカンEvo」。
このフェイスリフト版をハイパフォーマンスモデルとなる”ペルフォルマンテ”に仕上げたらどうなる?というレンダリングが公開されています。

もちろん、「ウラカンEvo」のハイパフォーマンスモデルはまだまだ先の話でしょうし、「ウラカン・ペルフォルマンテ」同様に100%自然吸気モデルとして登場するかは不明ですが、もし仮に上の画像のような「ウラカンEvoペルフォルマンテ」として登場したらかなりイケてるスタイリングですし評判が良さそうな気がします。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

これまでの流れを考えれば、高確率で市販化される?

今回このレンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのNicolas Proulx氏によるもので、「ウラカンEvoペルフォルマンテ」のフロントエンドは全く新しいデザインとなり、カーボンファイバ製のエアロキットやエアロダイナミクス、そしてサイドミラーキャップやサイドスカート、トップルーフまでもがカーボンファイバという贅沢な仕上がりになっています。

大型リヤウィングにおいても、ALAを搭載する「アヴェンタドールSVJ」と同じものを採用し、強力なダウンフォースを発生する仕組みを構成。
その他には、サイド部分やリヤフェンダー付近には、冷却用&空力特性向上用のエアダクトが設けられていますね。

車体重量においては、ペルフォルマンテ同様に軽量化が図られると思われ、加えてコーナリング性能も大幅に向上させると予想。これでニュルブルクリンクを走った場合、更なる記録が期待できそうです。
足元のホイールについては、ペルフォルマンテ同様に20インチのNARVI FORGEDとLOGE  FORGEDの中間の位置するようなセンターロックホイールを装着しており、個人的にはこうしたスポーク数が適度に多いホイール結構好み。是非ともハイパフォーマンスモデルでは登場させてほしい代物です。

 

View this post on Instagram

 

Huracan FMP EVO-J 🏁 Proper perfomante replacement? Thoughts? 🤔🇮🇹

Nicolas Proulxさん(@fmpnick)がシェアした投稿 –

☆★☆Nicolas Proulx関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう