東京オートサロンでかなりの衝撃を与えたダイハツ「コペンGR」を改めてチェックしてみよう。「コペン・セロ・スポーツ・プレミアム」も

東京オートサロン2019に登場した「コペンGRコンセプト」の外観を改めてチェックしてみよう

東京オートサロン2019にて衝撃的なデビューを果たしたダイハツのスポーツモデル「コペンGRコンセプト」ですが、この個体はToyota Gazoo Racingとのコラボによって特別に作られたコンセプトモデルとなります。
フロントデザインはかなりスポーティな仕上がりになっており、ハニカム仕上げのFuncitional Matrixグリルを採用したメッシュタイプ、フロントヘッドライトは攻撃的なLEDデイタイムランニングライト、そしてフロントとリヤにはGRを意味する”G”エンブレムが貼付されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

外観だけで終わらせないのがGazoo Racingだ!

「コペンGRコンセプト」は、将来的には量産化されるかもしれない(もしかすると東京オートサロン2020にて量産モデルが登場するかも?)とのことで、現在着々と開発が進められているとのことですが、おそらく「コペン・セロ・クーペ」同様に限定モデルもしくは抽選応募形式にて販売されるかもしれません。

なお「コペンGRコンセプト」は、単純に外観が変更されただけでなく、車体剛性を高めるためにシャシーも改良され、よりスポーティな走りを提供。
また足元には16インチのBBS製ゴールドホイールを装着し、リヤにはアグレッシブなリヤディフューザー、両サイド1本だしのスポーツエキゾーストをインストールしています。
パワートレインは、排気量0.66L 直列3気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力65psを発揮します。

こちらもかなり衝撃的な特別モデルを出展

また、ダイハツはこの個体以外にも更なる特別モデルとなる「コペン・セロ・スポーツ・プレミアム(Copen Cero Sports Premium)」も出展。
こちらは、レトロスタイルの「コペン・セロ」をベースにしており、「コペンGRコンセプト」と同じRECAROスポーツシートを採用。
外観においては、クローム仕上げのメッシュグリルを採用し、ブラックをメインにブルーのアクセントを加えた個性的な一台に仕上げられています。

☆★☆東京オートサロン2019関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう