トヨタ・新型「スープラ」のオフィシャル画像が大量リーク。フロント・サイド・リヤ・インテリアを全部見ていこう

トヨタは完全に諦めた?新型「スープラ」のオフィシャルが大量リーク

先ほど、トヨタ・新型「スープラ」のオフィシャル・インテリア画像が完全リークしていましたが、今度は外観とインテリア全てが完全リークしてしまうという大問題が発生。
発表直前や前日にリークすることはよくあることですが、ここに来て”投げやり”レベルで一挙に大量リークするというのはちょっと問題レベル。
ですが、やはり気になっている方も多いようで、今回は「GRスープラ」をメインに一気に公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

早速外観をチェックしていこう

早速フロントデザインをチェック。
フロントは、コンセプトモデルとなるFT1のデザインを継承しており、大口化されたエアダクトが3つ確認できます。
おそらくほとんどの国ではナンバープレートを中央のエアダクトに設置すると思われる。
フロントヘッドライトは、レクサス等でも確認できる小型三眼LEDを採用し、その下には逆L字型のシームレスタイプとなるLEDデイタイムランニングライトを採用しています。

少し角度を変えてみましょう。
スーパーカーチックなブラックのフロントスプリッターを装着し、スポーティなレッドカラーとツートンにすることでその引き締め効果は発揮。
もちろん、サイドスカートにもそのデザイン性と技術力を活かして全体的に下回りの引き締めと空力特性を強調させています。
サイドミラーキャップもブラックになっていますが、これはグレードにかかわらずブラックに統一されるの気になるところ。もしかすると同色やカーボンファイバに設定も可能かもしれません。

サイドもチェックしていこう

サイドはこんな感じ。
ロングノーズ&ショートデッキスタイルのスポーツクーペですが、ちょっとフロントが長すぎにも見えるものの、これでも一応前後重量配分は50:50を実現しています。
トップルーフはフラット部分を完全に無くし、リヤハッチに向けて下り落ちるような滑らかなボディラインを演出しています。

ちなみに、トヨタはこのモデルを開発する当初、ポルシェ「718ケイマン」を競合としたハイパフォーマンスモデルを作り上げていこう!と共同開発を務めたBMWに打ち明けたそうですが、軽く鼻で笑われたそうです。

リヤデザインもチェック!

リヤデザインはこんな感じ。
かなり反り上がったトランクスポイラーが印象的で、その下にはトヨタのエンブレムと”Supra”のバッジを貼付。
更に右下には”GR(Gazoo Racing)”のバッジも貼付されていますね。
リヤマフラは両サイド1本だしのデュアルエキゾーストを採用。BMW製直列6気筒ターボチャージャーエンジンのサウンドはかなりスポーティで、トヨタでは実現が難しい官能的なサウンドを発します。

足元のホイールはブラックとシルバーのバイカラータイプ。
シルバーの部分はポリッシュ仕上げもしくは切削光輝にて光沢を付けているようにも見えますが、この辺りはオプションにて設定ができるのでしょうか?
当初開発車両にてこのホイールデザインが登場したときは、「新型スープラ大丈夫か?」と思ったりしましたが、こうして完成品を見てみるとそのデザイン性はかなりカッコよく見えます。
ちなみに足回りのブレーキキャリパはレッドに塗装され、ブレーキングシステムも高性能化しているとのこと。

お次はインテリアをチェック

こちらはインテリアデザイン。
オプションにてシートカラーを選択することが可能ですが、ブラックも十分に落ち着いていて、しかしながらスポーティさもしっかりと兼ね備えています。基本的にはBMWと共通のパーツを使用しているので、どちらかというBMWの味がかなり強いです。

シートはこんな感じ。
本革シートを採用していますが、アルカンターラもオプションで選択できることを期待したいところ。

こちらはナビゲーションディスプレイ。
非常に薄型ですが、ちょっとコンパクト過ぎるようにも見えますし、何よりもアニメーションがBMW…

こちらはセンターコンソール。
カーボンファイバトリムを採用し、高級感とスポーティさを演出しています。
ただ、ナビゲーションディスプレイ専用のダイヤル式リモートコントロールやシフトノブを見る限り、BMWに侵食されてる感がかなり強いですね。もう少しトヨタイズムを発揮してほしかったですが…共同開発&供給を受けている以上は致し方ないところなのかもしれません。

価格帯は最低でも約565万円から

なお、価格帯(以下はおそらくアメリカ価格)については今のところ上位グレードの排気量3.0L 直列6気筒エンジンモデルのみ明らかになっていて、3グレードラインナップ予定。
ベースモデルが約565万円から、中間グレードのプレミアム版が約610万円から、そして初期ロット版となるローンチエディション版が約624万円からの販売となります。

☆★☆「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう