トヨタ・新型「スープラ」の初年度生産量は何と900台のみ。更に特別限定モデル”A90 Edition”が僅か90台のみ販売へ

欧州仕様はアメリカ仕様と同じ直6エンジンのみ、更に限定モデルも

1月14日より開催されたアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて、トヨタはアメリカ仕様の新型「スープラ」を発表しましたが、今度は欧州仕様の「スープラ」も発表。
この欧州仕様の「スープラ」は、基本的にアメリカと同じで排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンモデル以外はラインナップされないようになっていますが、何と初年度に市販化される台数は僅か900台のみに限定されていることが発覚。
更には、アメリカにて初回のみ販売されるローンチエディションと同じ系統の”A90 Edition”なるものが初回のみ欧州市場限定で僅か90台のみ販売されることが決定しました。

スポンサーリンク

よくよく考えてみたら新型「スープラ」の0-100km/h加速はトヨタ史上最速

先ほども記載しましたが、欧州市場にて販売される新型「スープラ」は、アメリカ仕様同様に排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンモデルのみが提供されることが決まっていて、そのスペックは最高出力335hp/最大トルク500Nmを発揮。
トランスミッションは8速ATを搭載し、駆動方式は後輪駆動(FR)を採用します。

また、走行モードにおいてもノーマルやスポーツモード等、様々なシチュエーションに合わせての走行が可能になりますが、スポーツモードを選ぶ際は、エンジンサウンドやレスポンス、シフトパターン、ダンピング、ステアリング、アクティブディファレンシャルを調整し「スープラ」がその限界まで運転している介入のレベルを低減するビークル・スタビリティ・コントロールシステムを搭載しています。
更には、0-100km/hの加速時間4.3秒というトヨタの市販車史上最速のローンチコントロール機能にも対応しているため、今回の新型「スープラ」は相当にパフォーマンス性を高めた究極の市販車両になると思われます。

なお、欧州市場にて販売される新型「スープラ」は、全てのグレードにアクティブディファレンシャル機能が標準装備され、このシステムが加速時と減速時の両方にて動作し、ゼロからフルまで調整可能で、ほぼ瞬時に100%ロックされるように設定され、ハンドルやスロットル及びブレーキペダルの操作、エンジン回転数、ヨーレートを継続的に監視して差動装置が完全に機能するようになっています。

欧州では”Active”と”Premium”に2グレードをラインナップ

そして気になるグレードについてですが、欧州仕様では”Active”と”Premium”の2種類がラインナップされます。
エントリーグレードのActiveは、高性能ブレーキパッケージを備えたアクティブディファレンシャル機能と、アダプティブ可変サスペンション、19インチ鍛造アルミホイール、デュアルゾーンオートエアコン、アダプティブクルーズコントロール、スマートエントリー及びプッシュボタンスタート、LEDヘッドライト、リアライト、デイタイムランニングライト、そして自動調光ミラーが標準装備されます。
インテリアにおいては、10スピーカーのオーディオシステムとBluetooth、USBポートを備えた8.8インチインフォテイメントディスプレイを装備しています。

一方で上位グレードのPremiumに関しては、Activeに搭載される装備内容に加えて、ブラック本革やJBL製12スピーカーオーディオシステム、ヘッドアップディスプレイ、ワイヤレス充電器が追加装備されます。

☆★☆「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう