トヨタ・レクサス「プロボックス/カローラ・ルミオン/IS C/IS F」に3万台超えのリコール。タカタ製エアバッグに結果アリ

新年早々トヨタ・レクサスに大量リコール

1月16日、トヨタ「プロボックス」やレクサス「IS C/IS F」等の一部モデルに不具合があったとして国土交通省にリコールを届け出ていたことがわかりました。
リコールの内容としては、助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なために、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあるとのこと。
このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあるとのことからリコールを発令しています。

スポンサーリンク

リコールの対象台数は合計3万台以上

気になる対象モデルは以下の通り。

【リコール対象モデル一覧】
[メーカ名/車種名/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

○トヨタ/「プロボックス・サクシード」/NCP51-0319598~NCP51-0335289/平成26年1月6日~平成26年9月1日/14,001台
●トヨタ/「プロボックス・サクシード」/NCP55-0117710~NCP55-0126225/平成26年1月6日~平成26年9月1日/7,564台
○トヨタ/「プロボックス」/NCP50-0146603~NCP50-0154193/平成26年1月6日~平成26年8月29日/6,643台
●トヨタ/「プロボックス」/NCP52-0002306~NCP52-0002324/平成26年1月7日~平成26年7月28日/19台
○トヨタ/「カローラルミオン」/NZE151-4011964~NZE151-4015511/平成26年1月6日~平成27年12月25日/3,505台
●トヨタ/「カローラルミオン」/NZE152-4004223~NZE152-4005429/平成26年1月6日~平成27年12月25日/1,199台
○トヨタ/「カローラルミオン」/NZE154-4001994~NZE154-4002855/平成26年1月6日~平成27年12月25日/855台
●レクサス/「IS250C」/GSE20-2530236~GSE20-2531878/平成26年1月6日~平成26年8月7日/136台
○レクサス/「IS350C」/GSE21-2510404~GSE20-2511043/平成26年1月6日~平成26年8月5日/39台
●レクサス/「IS F」/USE20-5011442~USE20-5011566/平成26年1月6日~平成26年7月23日/61台

なお、対策措置としては全車両、予防的措置としてエアバッグインフレータを代替品と交換する、といったリコール作業を行うとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

スズキ・新型「ジムニー」に早くもリコール。フロントディファレンシャルの組付け不具合で走行不能の恐れあり(2018/12/28投稿)
フォード「Fシリーズ」など約87万台にリコール。寒冷地には必須ともいえるブロックヒーターの不具合で火災発生の恐れアリ(2018/12/23投稿)
日産「ノート/リーフ」など不正検査のにより計14万台以上にリコール。併せてメルセデスベンツ「Eクラス」も(2018/12/14投稿)
マセラティ「ギブリ/クアトロポルテ」にリコール。生産中に異物が混入してしまい火災の恐れアリ(2018/12/12投稿)
ランボルギーニ「ガヤルド」にリコール。各種警告灯が点灯せず、最悪の場合火災の原因になる恐れアリ(2018/12/8投稿)
レクサス「LS500」にリコール。ECUの不具合によりエンストする恐れアリ、既に不具合3件発生(2018/12/6投稿)
トヨタ「ブレイド/カローラフィールダー」やスバル「WRX S4」用パーツにリコール。燃料漏れによる異臭や保安基準不適合の恐れ(2018/11/30投稿)
BMW/MINIのディーゼルモデルに5万台超えのリコール。排ガス再循環装置不具合で火災発生の恐れアリ(2018/11/28投稿)
フィアット「500X」/ジープ「コンパス」等にリコール。リヤシートが突然倒れる、オートクルーズが解除できない恐れ有り(2018/11/26投稿)
ロータス「エヴォーラ」にリコール。僅か40台ながらも2018年に製造されたモデルが対象に(2018/11/24投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう