2020年モデルのトヨタ・新型「ハイランダー/クルーガー」の開発車両をキャッチ。カモフラージュが分厚すぎて色々とおかしなことに

色んな意味でとんでもない開発車両が登場

トヨタの2020年モデル・新型「ハイランダー」(日本名:クルーガー)の開発車両をキャッチ。
海外では、競合モデルであるフォードが既に最新世代の「エクスプローラー」を発表しているため、その後追いとして「ハイランダー」も開発車両に着手。
今回、その開発車両とみられる個体が目撃されていますが、あまりにもカモフラージュが分厚すぎて原型を確認することができないぐらいにおかしなことになっていますね、うん。
特にフロントエンド部分には、イエローのテープのようなものが貼付され、フロントデザインが確認できないように厳重に隠されていることが確認できます。

スポンサーリンク

何か子供のおもちゃみたいな見た目

少し角度を変えてみると、次期「ハイランダー」のスタイリングがわからないように、段ボールのようなものをあらゆるところに貼り付けています。
更には細かいドアハンドルやリヤハッチ、ホイールアーチモール、ドアとドアのつなぎ目といったところでさえも厳重にされており、他車には一切トヨタのデザイン言語を見せない姿勢でいるつもりだと思われます。

ただ、唯一確認できるのがフロントヘッドライトの位置とフロントドアに配置されたサイドミラーぐらいで、これについては新型「RAV4」がベースになっているようにも見えます。

真横からみてみるとこんな感じ。
もはや段ボールでできたクルマのような仕上がりですね。
ここまで厳重にシークレットにするのであれば、アルミホイールのデザインもわからないようにカバーするなどの対策を取ってほしかったところです。

リヤデザインはこんな感じ。
この角度からであれば、若干リヤハッチ部分のスタイリングを確認することができます。
またリヤテールライトは、外側に張り出すような形でダイナミックなデザインに仕上げられていることがわかりますが、ワイドなハウジングではなく縦長のハウジングを採用するのかもしれません。
安全装備については、すでに他のモデルに搭載されている車線逸脱警報やオートハイビーム、ダイナミックレーダークルーズコントロール、そして歩行者事前衝突システムを標準装備します。

エンジンラインナップについては、ハイブリッドパワートレインをメインとしながらも、ダウンサイジングターボエンジンもラインナップ予定とのこと。
なお、新型「ハイランダー」の発表時は、今年の終わりごろから2020年の初め頃に発表されると思われます。

☆★☆「RAV4」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう