デトロイトモーターショー2019にて登場したレクサス「LCコンバーチブル・コンセプト」。トップルーフはまさかのソフトトップを採用→デザインはどうだ?

「LCコンバーチブル・コンセプト」のトップルーフはまさかのソフトトップだった

1月14日より開催中のアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」をベースにしたオープンコンセプトモデル「LCコンバーチブル・コンセプト」が世界初公開されましたが、このモデルはゆくゆく市販化される可能性の高い一台で、レクサスのチーフデザイナである森 忠雄 氏も「LCコンバーチブル・コンセプトは、クーペには無い最高の側面と、コンバーチブルのダイナミックなデザインを融合させたスペシャルモデルである」と説明しています。

なお、今回公開されているモデルは、てっきり「IS C」同様にハードトップのコンバーチブルモデルだと思っていましたが、そうではなくソフトトップを採用することで、車体重量の増加を最小限に抑えています。
クーペタイプと比較して、「LCコンバーチブル・コンセプト」は、全高が5mm低くなり、全長や全幅、ホイールベースはクーペと変わらずの4,770mm×1,920mm, 2,870mmとなります。

スポンサーリンク

賛否が分かれそうなソフトトップがコチラ

ちなみにこちらがソフトトップルーフをクローズにした状態でのスタイリングとなりますが、クーペとは異なってトップルーフがフラットになっていて、ボディ全体は滑らかになのにルーフだけがちょっとカクカクした感じのアレになっていますね、ん~。
個人的には、もう少し丸みを帯びた流線形を描くルーフを想像していましたが、このあたりはちょっと賛否両論ありそうな感じ(ちなみにルーフをクローズにした画像はこの一枚のみ)。

足元のアルミホイールは全く新しいデザイン性を持つ22インチアルミホイール。
グロスブラックと切削光輝を交えたラグジュアリー性を高めたデザインとなっています。
ブレーキキャリパはブラックカラーに塗装されています。

ちなみに上の画像は、デトロイトモーターショー2019にて出展された現車の「LCコンバーチブル・コンセプト」。
基本的にはオープントップでの出展となりますが、リヤカバーがこんもりとせず、リヤエンドにかけてなめらかに下っていくスタイリングは非常に美しいスタイリングになっています。

☆★☆「LC」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう