【アウディ(Audi)編】金沢輸入車ショウ2019に行ってきた。老若男女問わずで大人気、コンパクトモデルには女性が集中

金沢輸入車ショウ2019に行ってきた!今度はアウディを見ていこう!

さて、昨日1月26日(土)から27日(日)まで開催の金沢輸入車ショウ2019に早速訪問してきました。
金沢輸入車ショウ2019では、石川にある輸入車ディーラ17ブランド(計100台以上)が石川産業展示館4号館に一挙に勢ぞろいし、更には特別協賛としてスーパーカーメーカーであるマクラーレン名古屋さんとアストンマーティン名古屋さん、そしてハーレーダビッドソン石川さんも同時出展。

今回はアウディ(出展はアウディ金沢さん)を公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

アウディは老若男女問わずで大人気

今回アウディ金沢さんが出展したモデルは「A3/A4/A4/A4 Avant/A5/A7/A8/Q2/Q3/Q5/Q7/RS3/RS5」と計13車種の幅広いモデルたちがラインナップ。
かなり珍しくも、エントリーモデルの「A1」が出展されていなかったのは驚きですが、それ以上に集客率を高めることを目的としていたのか、ハイパフォーマンスモデルとSUVモデルをメインに出展してきたところはかなり驚きました。
その甲斐もあってか老若男女問わずとにかく幅広いお客さんが多く、コンパクトモデルやSUVモデルには女性客が集中するなど、アウディ金沢さんの作戦が見事に的中したかのように感じられました。
少し話は逸れてしまいましたが、早速そのモデルたちをチェックしていきたいと思います。

まずは「RSシリーズ」を見ていこう

まず圧倒的な注目を受けていたのが、ハイパフォーマンスモデルの「RS5クーペ(RS 5 Coupe)」
ボディカラーは刺激的なレッドカラーに、ブラックペイントとカーボンブラックによるメリハリをつけた超ハードな一台。

それもそのはず、だって新車販売価格は12,570,000円と超高額で、オプションはRSスポーツエグゾーストシステム(170,000)やカーボンルーフ(500,000円)、ヘッドアップディスプレイ(140,000円)、カーボンスタイリングパッケージ(880,000円)、セラミックブレーキ(840,000円)、プライバシーガラス(70,000円)、セーフティパッケージ(80,000円)、RSデザインパッケージ(210,000円)、アルミホイールブラックマット20インチ(180,000円)の総額3,070,000円、総支払額15,640,000円というインパクト。

パワートレインも排気量3.0L V型6気筒インタークーラ付ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450ps/最大トルク600Nmを発揮するスーパースペックとなります。

これが噂のカーボンルーフ。
オプション費用で500,000円とか中々に鬼畜なこと言ってくれるじゃない!

RSスポーツエキゾーストシステム搭載で、カーボン尽くしとなるリヤロア部分。
かなり引き締まりが強い一台です。

こちらもハイパフォーマンスモデルとなる「RS3セダン・クワトロ(RS 3 Sedan quattro)」
何とも珍しいオプションカラーとなるブルー系の”クリスタルエフェクト”を設定した爽やかな一台。
新車販売価格は7,800,000円と高額でありながら、こちらもオプションはボディカラー(120,000円)やマットアルミニウムスタイリングパッケージ(90,000円)、デコラティブパネルカーボンファイバー(70,000円)、カラードブレーキレッド(50,000円)、マグネティックライド(130,000円)、RSデザインパッケージ(210,000円)、マトリクスLEDヘッドライト(110,000円)、プライバシーガラス(60,000円)の総額840,000円加味された、総支払額8,640,000円となります。

パワートレインは排気量2.5L 直列5気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力400ps/最大トルク480Nmを発揮します。

続いては「Aシリーズ」を見ていこう

こちらは「A3スポーツバック(A3 Sportback 1.4 TFSI)」
車両本体価格2,960,000円に加えて、オプションは有償カラー(70,000円)やコンビニエンスパッケージ(280,000円)、バーチャルコックピット(40,000円)、ナビゲーションパッケージ(350,000円)、LEDライトパッケージ(160,000円)の総額900,000円を加味された、総支払額3,860,000円となります。

パワートレインは排気量1.4L 直列4気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力122ps/最大トルク200Nmを発揮します。

こちらは「A4(A4 2.0 TFSI quattro sport)」
車両本体価格6,240,000円に加えて、オプションは有償カラー(85,000円)やバーチャルコックピット(70,000円)、アシスタンスパッケージ(220,000円)、マトリクスLEDヘッドライトパッケージ(100,000円)、S-LINEパッケージ(550,000)の総額1,025,000円を加味された、総支払額7,265,000円となります。

パワートレインは排気量2.0L 直列4気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力252ps/最大トルク370Nmを発揮します。

こちらは「A4 Avant(A4 Avant black elegance)」

パワートレインは排気量1.4L 直列4気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力150ps/最大トルク250Nmを発揮します。

こちらは「A5 Sportback(A5 Sportback 2.0 TFSI quattro sport)」
車両本体価格6,860,000円に加えて、オプションは有償カラー(85,000円)やバーチャルコックピット(70,000円)、プライバシーガラス(70,000円)、S-LINEパッケージ(440,000)の総額665,000円を加味された、総支払額7,525,000円となります。

パワートレインは排気量2.0L 直列4気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力252ps/最大トルク370Nmを発揮します。

何かと注目度の高かった「A7 Sportback(A7 Sportback 5.5 TFSI quattro 1st edition)」

パワートレインは排気量3.0L V型6気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力340ps/最大トルク500Nmを発揮します。

こちらは「A8(A8 55 TFSI quattro)」
車両本体価格11,400,000円に加えて、オプションはコンフォートパッケージ(840,000円)やアシスタンスパッケージ(230,000円)、マルチカラーアンビエントライティング(90,000円)、ダイナミックオールホイールステアリング(280,000)、HDマトリクスLEDヘッドライトパッケージ(460,000円)の総額1,900,000円を加味された、総支払額13,300,000円となります。

フラッグシップモデルだけあって、やはりこちらも注目度は相当に高かったようです。

パワートレインは排気量3.0L V型6気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力340ps/最大トルク500Nmを発揮します。

最後は「Qシリーズ」を見ていこう

続いてはSUVモデル。
こちらは圧倒的に女性からの人気が高かったエントリークロスオーバーモデルの「Q2(Q2 30 TFSI sport)」
車両本体価格3,700,000円に加えて、オプションは有償カラー(60,000円)やバーチャルコックピット(60,000円)、オートマチックテールゲート(70,000円)、MMIナビゲーション(350,000)、アシスタンスパッケージ(130,000円)、S-LINEパッケージ(390,000円)の総額1,060,000円を加味された、総支払額4,760,000円となります。

パワートレインは排気量1.0L 直列3気筒インタークーラ付ターボエンジンを搭載し、最高出力116ps/最大トルク200Nmを発揮します。

こちらは「Q3(Q3 2.0 TFSI quattro sport)」

こちらは「Q5(Q5 45 TFSI quattro sport)」

こちらは「Q7」

金沢輸入車ショウ2019のメーカ別の展示車両はコチラにてまとめております。

「金沢輸入車ショウ2017~2018」の出展風景は以下にてまとめております

▽▼▽金沢輸入車ショウ関連記事▽▼▽

金沢輸入車ショウ2018リンク

金沢輸入車ショウ2017リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう