【シボレー&ポルシェ編】金沢輸入車ショウ2019に行ってきた。アメ車人気は健在、ポルシェも安定してSUVに人だかりが

 

金沢輸入車ショウ2019に行ってきた!今度はシボレー&ポルシェを見ていこう!

さて、1月26日(土)から27日(日)まで開催された金沢輸入車ショウ2019に訪問してきました。
金沢輸入車ショウ2019では、石川にある輸入車ディーラ17ブランド(計100台以上)が石川産業展示館4号館に一挙に勢ぞろいし、更には特別協賛としてスーパーカーメーカーであるマクラーレン名古屋さんとアストンマーティン名古屋さん、そしてハーレーダビッドソン石川さんも同時出展。

今回はサプライズで登場したシボレーとポルシェ(出展は石川ヤナセさんとポルシェセンター金沢さん)を公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

シボレーのサプライズ出展でかなりの人だかりが

今回ヤナセ石川さんの特別参加により、シボレー(CHEVROLET)ブランドのエントリースポーツモデル「カマロ」が登場。
正直これは誰も予想していなかった事態で、シボレーエリアにはとにかく幅広い層のお客さんでいっぱいに。
アメ車といえどもその人気は絶大で、特にワイスピやトランスフォーマーを見ていた人々にとっては興奮する一台だったのではないかと思います。
早速その気になる個体をチェックしていきましょう。

シボレー「カマロ LT RS」

シボレー「カマロ(CAMARO LT RS)」
アメリカンマッスルカーのエントリーモデルともいうべき一台ですが、この個体に搭載されるエンジンはV8やV6エンジンではなく直4ターボチャージャー。
厳密には排気量2.0L 直列4気筒DOHC VVT(インタークーラー/ターボチャージャー付)エンジンを搭載し、最高出力275ps/最大トルク400Nmを発揮する今流行りのダウンサイジングモデルとなります。

見た目の割には価格も4,900,000円と非常にリーズナブルで、オプションとなるフロアマット(55,620円)と防災キット(36,000円)、そしてエマージェンシーキット(36,000円)をセットで含めても総支払額は5,018,167円となります。
見た目はスーパーカーに負けず劣らずのとんでもないアグレッシブな顔つきですし、これだけの見た目とボリューム感で約500万円は結構お買い得では?と思えたりします。

ちなみに車体サイズは全長4,785mm×全幅1,900mm×全高1,345mm、ホイールベース2,810mmと非常にワイド&ロー。

足元のホイールは5スプリットスポークのブランドシルバーペインテッドアルミホイールと呼ばれる20インチで、フロント・リヤ共通の245/40R20ランフラットオールシーズンタイヤを装着しています。

リヤデザインもかなり厳つくワイドになって進化しています。
リヤマフラは意外にもシンプルなデュアルエキゾーストタイプをインストール。

リヤテールランプは立体的な二眼タイプのハウジングを採用し、更にセンターにはフラットなブレーキランプを装備しています。

インテリアは極めてシンプル。
ブラックにホワイトのアクセントがくわえられたフルレザーシートを採用していて、シート調整も電動式と極めて現代的です。

内ドアパネルもこんな感じでかなりシンプル。
変にド派手なカラーリングを施さない辺りはアメ車の良いところなのかもしれません。

ちなみに順番待ちで運転席に乗り込もうとしたら割り込みが入ってしまい、車内レビューは断念。それだけこのモデルの注目度が高いということだと思います。

ポルシェも安定して大人気

続いてはポルシェエリアを見ていきましょう。
やはり敷居の高い高級車ディーラなだけあって、こういった大型イベントで一挙に顧客を集めるスタイルを持っているのでしょう。とにかくお客さんの多いこと何の。
なかには新規客の方が商談するなど、非常に活気づいていました。
今回はどんな車両が出展していたのかをチェックしていきましょう。

「718ボクスター」

まずはポルシェのエントリーオープンモデルとなる「718ボクスター(718 Boxster)」
価格は7,464,000円からとなります。
ボディカラーは渋いブルー系で、特に高齢層方からの注目を集めていました。

パワートレインは排気量2.0L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力300ps/最大トルク380Nmを発揮します。

「718ケイマンS」

こちらはエントリーモデルの中でもハイパフォーマンス仕様となる「718ケイマンS(718 Cayman S)」
価格は9,014,000円からとなります。

パワートレインは排気量2.5L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力350ps/最大トルク420Nmを発揮します。

「911カレラ」

やはりいつまでたっても人気の衰えぬ「911シリーズ」。
今回は「911カラレ(911 Carrera)」が出展です。
価格は安定して高額の13,091,000円からとなります。

パワートレインは排気量3.0L 水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力370ps/最大トルク450Nmを発揮します。

「マカンGTS」

こちらはポルシェエリアの中で圧倒的に人気の高かったエントリーSUVモデルの「マカンGTS」
ボディカラーは過激なレッド系で、こういったモデルは若い男女からの注目が熱かったように思えます。
ちなみに価格は9,810,000円からとなります。

パワートレインは排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力360ps/最大トルク500Nmを発揮します。

「カイエン」

そしてコチラはミッドサイズSUVモデルとなる「カイエン(Cayenne)」
「マカン」とは異なり、中高年男性からの注目が高かった一台です。
価格は9,760,000円からとなります。

パワートレインは排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力340ps/最大トルク450Nmを発揮します。

「パナメーラ」

最後は4ドアクーペタイプとなる「パナメーラ(Panamera)」
こちらも「カイエン」同様に中高年男性からの注目が高かった一台ですね。
価格は11,620,000円となります。

パワートレインは排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力330ps/最大トルク450Nmを発揮します。

金沢輸入車ショウ2019のメーカ別の展示車両はコチラにてまとめております。

「金沢輸入車ショウ2017~2018」の出展風景は以下にてまとめております

▽▼▽金沢輸入車ショウ関連記事▽▼▽

金沢輸入車ショウ2018リンク

金沢輸入車ショウ2017リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう