【レンダリング】トヨタ・新型「スープラ(A90)」に「80スープラ」の要素を取り入れてみた→これはこれで結構アリかも

今まで有りそうでなかったブラッシュアップレンダリング

BMWとの共同開発にて登場したトヨタ・新型「スープラ(A90)」ですが、この個体をベースにオープンモデルやシューティングブレーク、スタンス仕様と様々なレンダリングが公開されてきましたが、今回は今まで有りそうでなかった前世代モデルとなる「80スープラ」の要素を組合わせてみたら?というブラッシュアップレンダリングが公開されています。

スポンサーリンク

海外ユーザーにとって「スープラ」は特別なもの?

色々と物議を醸すかもしれない今回のレンダリングモデル「スープラ」ですが、フロントバンパー(グリルやエアインテーク)は「80スープラ」の要素を取り込み、スポーティさを表現すべくメッシュグリルを採用していますね。
その下にあるブラックパーツのフロントエプロンは、新型「スープラ」のデザインを上手く流用していますが、やはりこうしたエアロキットは新型「スープラ」に上手くマッチさせた特別なものであることがわかります。

スタイリングについては、新型「スープラ」を採用しつつも、リヤウィングは「80スープラ」のデザインを導入しています。

なお、今回このレンダリングを作成のはデジタルアーティストによって作られたものではなく、まさかのイギリスのAutomotive&Transport Designの学生であるRoman Miah氏によって作成されたもの。
新旧のブラッシュアップレンダリングって、結構早いタイミングで公開することが多いのですが、なぜか「スープラ」だけは公開されていません。
何かタブー的なものがあるのかはわかりませんが、それだけ海外も大きく注目し崇拝しているスポーツモデルなのかもしれません。

ちなみにこちらの画像は上が新型「スープラ」で、下の画像が「80スープラ」を取り込んだフロントのレンダリング。

こちらはリヤデザインのレンダリングとなります。

☆★☆「スープラ」レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう