「ラ・フェラーリ」を所有するオーナー10選。ちなみに日本ではどんな人物が乗っている?【動画有】

2019-03-11

「ラ・フェラーリ」を所有するオーナーってどんな人?

以前、大きな反響を頂いたブガッティ「シロン」とケーニグセグを所有するオーナー5選+αに関する記事をご紹介しましたが、今回はイタリアを代表するスーパーカーメーカ・フェラーリのハイブリッドハイパーカー「ラ・フェラーリ」を所有するオーナー10選+αをご紹介。

「ラ・フェラーリ」は、世界限定499台+1台のみ販売されたもモデルで、フェラーリが独自に定めた条件(最低でもラインアップモデル5台を購入し、更にはスペチアーレモデルを1台以上購入していること)を満たすオーナーに対してコンタクトをとり、それを快諾したオーナーのみが購入できます。
ですが、オープンモデルの「ラ・フェラーリ・アペルタ」は、クーペよりも更に少ない209台+1台のみとなるため、「ラ・フェラーリ」を購入していても”必ず購入することができない”という更に希少性の高い一台となります。

そういったことから、中古市場に登場したときは”誰でも購入できてしまう”ため、プレミア価値は相当に高くなり、2~4倍近くまで価格が跳ね上がってしまうのですね。

そんなめちゃくちゃハードルの高い「ラ・フェラーリ(アペルタ)」を所有するオーナーとはどんな人物なのか?そして日本にて「ラ・フェラーリ(アペルタ)」のオーナーは存在するのか?をご紹介していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

No.10 ルイス・ハミルトン(F1レーサー)

まず一人目は、F1レーサーでお馴染みのルイス・ハミルトン氏。
スーパーカーを数多く所有し「ラ・フェラーリ」はもちろんのこと、オープンモデルの「ラ・フェラーリ・アペルタ」やパガーニ「ゾンダ760LH」等も所有することでも有名ですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.9 カイリー・ジェンナー(モデル・タレント・女優)

二人目は、世界で最も人気の高いソーシャルメディアの一人で、ファッションモデルでありテレビタレント・女優としても有名なカイリー・ジェンナーさん。
20代前半でありながら、ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」やメルセデスベンツ「Gクラス」、マクラーレン「720S」も所有するほどにスーパーカー好き。
ちなみにこの「ラ・フェラーリ」は、カイリー・ジェンナーさんのボーイフレンドであるアメリカン・ヤングラッパーのトラビス・スコット氏がプレゼントしたものになります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.8 Tunku Ismail Idris(マレーシア士官・王子)

三人目は、マレーシア・ジョホールバルの王子でもあるTunku Ismail Idris氏。
正直ピンと来ないかもしれませんが、彼は世界で唯一”パープルカラー”の「ラ・フェラーリ」を所有するオーナーとしても有名ですね。
ちなみに、オープンモデルでホワイトカラーの「ラ・フェラーリ・アペルタ」も所有しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.7 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー選手)

四人目は、世界的大スター・クリスティアーノ・ロナウド選手。
「ラ・フェラーリ」はもちろんのこと、ランボルギーニやポルシェ等のスーパースポーツモデルを複数所有することでも有名なコレクターで、ユーロカップ優勝後にブガッティのハイパフォーマンスモデル「ヴェイロン・グランドスポーツ」を購入したことでも大きな話題を呼びました(もちろん「シロン」も所有)。

No.6 Mr.Qais(中東のシェイク)

アラビアのシェイク、つまりは首長を務めるとんでもない人物のMr.Qars氏。
彼は、「ラ・フェラーリ」以外にもポルシェ「918スパイダー」やランボルギーニ「アヴェンタドールSV」等も所有しますが、全てポケットマネー。
しかも「ラ・フェラーリ」を普段の移動車としても活用しているため、ある意味誰よりも「ラ・フェラーリ」のことを知っている人物かもしれません。

No.5 ゴードン・ラムゼイ(イギリスレストランのシェフ)

世界で最も稼ぐシェフとしても有名で、更には誰よりも多くのミシュラン星を取得したゴードン・ラムゼイ氏。
彼もフェラーリを愛する人物で、グレー系の「ラ・フェラーリ」の他にも、オープンタイプとなるホワイトカラーの「ラ・フェラーリ・アペルタ」も所有(しかもロンドン第一号で納車)しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.4 ドレイク(カナディアン・ラッパー)

声質に特徴のあるカナダの有名ラッパー・ドレイク
以前、ライブにて自身の「ラ・フェラーリ」を浮かせるというパフォーマンスを披露したことでも有名ですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.3 デイビッド・リー(アメリカ人実業家)

「ラ・フェラーリ」を始め、様々なワンオフモデルや超限定のレーシングモデルを所有する等、恐らくフェラーリに投資した金額は100億円を優に超えるとんでもないフェラーリコレクターのデイビッド・SK・リー氏。
ですが、そんな彼でも「ラ・フェラーリ・アペルタ」を購入できない事態となり、一時期大きな話題にもなりましたね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.2 ラルフ・ローレン(ファッションデザイナー)

あの超有名ブランドであるラルフ・ローレンの創設者
フェラーリに投資した金額は約400億円以上で、恐らく個人レベルでは世界で最も多くのフェラーリを所有するコレクター。その全てが自走可能で、徹底した温度・湿度管理の下で保管されていることでも有名ですね。

No.1 ジョシュ・カルチュ(カナダ人実業家)

世界で一番最初に「ラ・フェラーリ・アペルタ」を納車させたジョシュ・カルチュ氏。
2年前のガムボール3000(GUMBALL3000)にて、「ラ・フェラーリ・アペルタ」を使ってドーナツターンを披露したときの反響は相当に凄かった模様。

▽▼▽関連記事▽▼▽

 「ラ・フェラーリ」を所有する日本人オーナーは?

ブガッティ「シロン」やケーニグセグに引き続いて、やっぱり気になる「ラ・フェラーリ」を所有する日本人オーナー。
一体どういった人物が所有しているのでしょうか?

Entry.A 松田芳穂 氏(実業家)

不動産関係の実業家で、フェラーリコレクターとしても知られる松田芳穂 氏。
日本で一番最初に「ラ・フェラーリ(イエロー)」を納車させた人物でもありますね。
もちろん、超希少モデルとなる「ラ・フェラーリ・アペルタ(ホワイト)」も納車させています。

Entry.B 平松潤一郎 氏(フェラーリ・クラブジャパン元会長)

フェラーリ・クラブジャパンであり、世界的にも有名なフェラーリコレクターの一人である平松潤一郎 氏。
「ラ・フェラーリ/ラ・フェラーリ・アペルタ」はもちろんのこと、世界で一番最初となるピニンファリーナデザインのワンオフモデル「SP1」をオーダーした人物でもあります。

Entry.C 岡本芳邦 氏(兵庫県遊協・理事長)

パチンコ業界ではもちろん、フェラーリコレクターとしても非常に有名な岡本芳邦 氏。
スーパーカーを通して関西でのイベント開催に積極的で、あの御堂筋ワンダーストリートや、昨年の大阪万博サーキットにてフェラーリのパレードランやF1を走らせることを可能にしたとんでもない人物です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

Entry.D 村上次男 氏(実業家)

IT業界の革命児でお馴染みの村上次男 氏(インスタグラムアカウントは奥様のg_dramakiさん)。
彼もまたフェラーリ好きと知られ、会社通勤する際はよくフェラーリを使用していたそうです。
とにかくフェラーリが大好きで、「ラ・フェラーリ」はもちろんのこと「エンツォ・フェラーリ/458スペチアーレ・アペルタ/812スーパーファスト/カリフォルニアT」等も所有し、現在は「488ピスタ・スパイダー」も納車待ちとのことです。

Entry.E 石川資章 氏(医師)

最後は関西の有名医師で、レーシングドライバでもある石川資章 氏。
「ラ・フェラーリ/ラ・フェラーリ・アペルタ」はもちろんのこと、多数のフェラーリを所有することで有名ですし、フェラーリのレーシングモデル「FXX K」等も所有。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【Top 10 Laferrari Owners In The World 2018 ✮】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう