トヨタ「86」とスバル「BRZ」の次期モデル開発中止説はフェイク。トヨタ・スバル共に次期モデルの開発は継続中との回答

次世代「86/BRZ」の開発中止説はまさかのガセだった

先日、トヨタとスバルによる共同開発モデル「86/BRZ」の次期型が開発中止?という記事をご紹介しましたが、これについて疑問を持っていた自動車ニュースサイトのCARSCOOPSの記者が、直接各メーカに問い合わせし、”本当に開発中止するのか?”を確認した模様。

各メーカの回答としては、「今回の開発中止を報告したベストカーの内容を受け止めることはできない。私たちは既に次世代モデルの86/BRZの開発を進めている」とのことでした。

スポンサーリンク

なぜガセネタが拡散されることに?

これは、需要並びに販売の減少が顕著に表れているガソリンタイプのコンパクトスポーツカーファンにとっては朗報とも言うべき結果だと思いますが、なぜ今回のような誤報が拡散されてしまったのかは一切不明なままとなっています。

確かに、水平対向4気筒エンジンを搭載するスポーツクーペモデルは年々販売台数が少なる傾向にありますが、その一方で海外では直列6気筒エンジンを搭載するトヨタ・新型「スープラ」やBMW・新型「Z4」の販売を心待ちにしており、既に限定モデルは完売状態にあります。

海外では4気筒と6気筒クーペの差別化は相当に重要

日本の様に新型「スープラ」の直列4気筒モデルを販売しない海外にとっては、4気筒エンジンと6気筒エンジンの差別化は非常に重要視されていて、”4気筒クーペ=86/BRZ”、”6気筒クーペ=スープラ”とイメージ化されているため、そういった意味では4気筒クーペの存在をはばかることは各メーカとしてはあまり行いたくない行為だと思われ、尚のこと4気筒クーペの存在感を崩さないためにも、次世代モデルの開発はマストになっているのだと思われます。

なお、次世代モデル「86/BRZ」の発売日は今のところ不明ですが、恐らく2~3年後に発売されるのではないかと予想されています。

☆★☆「86/BRZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう