チューニングしてても関係ねぇ。帝王・マクラーレン「720S」と850馬力仕様のランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」がドラッグレース【動画有】

「ウラカン・ペルフォルマンテ」が帝王にリベンジ?

ドラッグレースにおいて、とにかく負けることを知らない帝王のマクラーレン「720S」が、今度は200hp以上に向上させたチューニングモデルのランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」とドラッグレースバトル。
過去に標準仕様の「ウラカン・ペルフォルマンテ」とバトルし、圧倒的な大差を付けて「720S」が勝利しましたが、今回はどういったバトルを繰り広げるのでしょうか?

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

早速各モデルのスペックを確認してみよう

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:710hp/770Nm
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,322kg

【ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」】
エンジン:排気量5.2L V型10気筒VFスーパーチャージャー
最大出力/最大トルク:850hp/-Nm
0-100km/h加速時間:2.9秒以下
車体重量:1,519kg

今回、「ウラカン・ペルフォルマンテ」のV10自然吸気系からVFスーパーチャージャー搭載のド変態仕様へと過激チューニングされた一台。210hp向上し、おまけに駆動方式は四輪駆動となるため、トラクションコントロール性能は「720S」よりも高めだと思われますが、数値では見えない「720S」のトータルバランスの高さがどれだけカバーし切れるかが今回のキーポイントだと思われます。

安定して「720S」が早過ぎる!

ドラッグレース開始早々、やはり馬力の高い「ウラカン・ペルフォルマンテ」が先行していきますが、高速度域に達してからの「720S」の加速の伸びはやはり圧倒的。
距離が一気に縮まり、最終的には「ウラカン・ペルフォルマンテ」を追い越して差を広げていくと言う結果で「720S」の勝利となります。

標準でもチューニングモデルでも勝てなかったハイパフォーマンスモデルの「ウラカン・ペルフォルマンテ」ですが、もはやここまで来ると「720S」に勝利するにはどうしたら良いのか全くわからない状況。
とりあえず1,000hp超えのハイパーカークラスにならないと勝利できないのでは?というのが現状ですが、それだけ「720S」のスペックとバランス性能は、ハイパーカーに匹敵するだけの性能を持っていることがよくわかります。

それにしても…なんで「ウラカン・ペルフォルマンテ」はこんなに汚いんだろう?ラッピング?

【850HP VF Supercharged Lamborghini Huracan Performante vs McLaren 720S 1/2 Mile Drag Racing】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう