オランダにて一番最初に納車されたランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」が公道を走る。最も気になるレッドカラーとアノ組合せは大丈夫なのか?

かなり珍しいマットレッドの「アヴェンタドールSVJ」

オランダ・アムステルダムの公道にて、同国第一号で納車された世界限定900台販売のランボルギーニ「アヴェンタドールSVJクーペ」が走行しているところを目撃されています。
ボディカラーは何とも珍しいマット系のレッドカラー(もしかするとRosso mimir?)ですが、光の反射具合やスタイリングを強調させるスポーティな色合いが何ともマッチしています。

スポンサーリンク

最も気になっていたリヤフェンダーのアレは?

こちらは店舗から出てくる「アヴェンタドールSVJ」。
道行く人全てがガンミ状態で、バスの運転手もその姿を拝むために敢えて道を譲っています。崇拝されている個体なだけあって、やはりスーパーカーに乗っていると得することもしばしばあるんでしょうね。

ちなみに個人的に一番気になっていたリヤフェンダーの”SVJ”ロゴですが若干色合いは違うものの、やはり”J”がレッド系(Rosso Efesto)ということもあって結構見えにくくなっています。

足元のホイールはフロント20インチ、リヤ21インチの異径タイプとなる新デザインのLeirion forgedを装着。
ブレーキキャリパはホワイト系でしょうか?そこまで強調させずに敢えてアクセントカラーにしないあたりはオーナーの個性が出るところではありますが、こういったデザインも非常に良いかもしれません。

リヤデザインはこんな感じ。
やはりスリット溝の深いド派手なリヤディフューザーや「ヴェネーノ」譲りとなるALA搭載型の大型リヤウィングの組み合わせは「アヴェンタドール」だからこそ成立するヤンチャさがあります。

すこしわかりにくいですが、右手前側には激熱のカースポッターもしっかりとカメラを構えて撮影ラッシュに取り掛かっています。
オランダで一番最初に納車した個体ですから、すぐにSNSにアップ・拡散されることは間違いないでしょう。

ちなみにパワートレインは排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力770ps/最大トルク720Nmを発揮します。

☆★☆「アヴェンタドールSVJ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう