2021年モデルのロールスロイス・次世代「ゴースト」と思われる開発車両をキャッチ。「ファントム」と同じプラットフォーム、爽やかでモダンな雰囲気に

プラットフォームは「ファントム」と共通でも、コンパクトなセダンタイプに

約1年半程前にロールスロイスの最新世代モデル「ファントム」が世界初公開されましたが、今度は次世代モデルとなる「ゴースト」の開発車両がキャッチされています。
2021年モデルとして発売する予定の次世代「ゴースト」ですが、最新世代「ファントム」と同じプラットフォームが共有されるものの、サイズ感としては若干コンパクトになると思われます。

また今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、カモフラージュは非常に分厚いものの、同一デザインと思われるフロントヘッドライトやインパクトのあるフロントグリルが確認でき、全体的に爽やかでモダンな印象を受ける一台になると予想されます。

スポンサーリンク

「ファントム」との差別化も含めデザインも爽やかで若々しい印象に?

リヤデザインについては、リヤテールランプが変更されるかもしれず、加えてリヤバンパーも小変更が加わることが予想されますが、こうしてみると全体的にキュッと引き締まった印象を受けますね(セダンタイプとしては十分に大きいんですけどね…)。

ウィンカーはこんな感じで点滅していますが、この辺りは特に大きな変更もないと思われ、ロールスロイス本来のデザイン言語がそのまま流用される感じでしょう。

インテリアは特に公開されていませんが、ゲージ部分やインフォテイメントシステムがアップデートされ、「ファントム」でも利用可能な”小さなアートギャラリーに変更できるダッシュボード”が設定されるとのこと。

気になるパワートレインについてですが、排気量6.6L V型12気筒ツインターボエンジンが採用される可能性が高く、最高出力562hp/最大トルク780Nmを発揮すると予想されますが、さらに上位モデルとなるブラックバッジについては、最高出力604hp/最大トルク840Nmを発揮するものと予想されています。

☆★☆「ゴースト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう