本当の頂上決戦来る。帝王・マクラーレン「720S」vsフェラーリ「488ピスタ」がドラッグレースバトル【動画有】

究極のドラッグレースが今はじまる

これまでのドラッグレースではほぼ負けなしだった帝王・マクラーレン「720S」と、最強のライバルともいえるフェラーリのV8ミドシップハードコアモデル「488ピスタ(488Pista)」が遂にドラッグレースバトルを実施。
いずれも「ミドシップ×V8ツインターボ×最大トルク770Nm」という三拍子が揃い、各メーカの集大成が掛けられた本当の頂上決戦となります。
果たして軍配はどちらにあがるのでしょうか?

スポンサーリンク

早速各モデルのスペックを確認してみよう

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:720ps/770Nm
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,322kg

【フェラーリ「488ピスタ」】
エンジン:排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:730ps/770Nm
0-100km/h加速時間:2.85秒
車体重量:1,280kg

スペックだけを見ていくと、最高出力と車体重量、そして0-100km/hの加速時間においては「488ピスタ」が少し勝っている程度ですが、肝心なのは後半の加速の伸び。
過去これまでのモデルは、「720S」には数値で勝っていても、いざ実際にて走行させたときには後半の加速で一気に突き放されるというのが決まった流れになっていました。
今回の「488ピスタ」戦ではどういった結果となるのでしょうか?

運命のバトルスタート!

遂に運命のドラッグレースバトルがスタート!
バトル方式はローンチコントロールとなりますが、出だしの加速はやはり「488ピスタ」が先行しています。

しかしここで差を広げられないのが帝王「720S」の本来の力。
離されるどころかジワリジワリと差を縮め、最終的には頭一つ抜きんでた形でフィニッシュ!
かなりギリギリではありましたが、やはり「720S」の得意とする空力特性等を活かした”後半の伸び”で勝利を手にしています。

遂に最強と言われた「488ピスタ」でさえも帝王に勝てないともなれば、あとはパガーニやケーニグセグといった1,000hp超えのハイパーカーが頼みの綱となりそう。
こうしたモデルたちは、優に1億や2億円を超える規格外のハイパーカーとなりますが、もし仮にこれらのモデルを圧倒するようなことがあれば、間違いなく「720S」はコスパ最強の直線番長になるといえそうですね。

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう