7月のメガスーパーカーモーターショー2019(福岡マリンメッセ)に行こうと思う。ブガッティ「シロン」やケーニグセグ「アゲーラRSR」をこの目で焼き付けてくる【動画有】

今年はメガスーパーカーモーターショー2019に行こうと思う

毎年九州にて開催されるメガスーパーカーモーターショー2019(MEGA SUPERCAR MOTOR SHOW 2019)。
芝浦グループホールディングス株式会社主催にて、様々なスーパーカーはもちろんのこと、世界限定モデルとなるハイパーカーを多数出展する特別なショーとなっていますが、今年は7月19(金)~7月22日(月)の4日間、マリンメッセ福岡にて開催されることが決定しています。

今回、このモーターショーに訪問しようと思い、一体どれだけのスケールでどれだけの迫力があるのかをレポート、そして億超えのハイパーカー達をこの目に焼き付けていきたいと考えています。
日程についてはまだ未定ですが、場所も九州と非常に遠いところにあるため、可能であれば開催初日の19日(金)か20日(土)に訪問したいと考えています。

スポンサーリンク

「子どもたちに夢を与える」それがメガスーパーカーモーターショーの狙いだ

今年のテーマは「君は3台10億円のエキゾーストを聴いたことがあるか!」ということで、開催目的としては”子どもたちに夢を~夢のあるクルマを通して子供たちに笑顔を~若者のクルマ離れが危ぶまれる昨今。スーパーカーに対する憧れを抱いてもらい「いつか自分も…」と夢を持ってもらえるきっかけづくりをする。”ということになっています。

簡単に言えば、1970年代のスーパーカーブームが現代版として蘇り、更なる高額車両を目前にすることで、子どもたちが一回りも二回りも大きい目標を立てられることが目的になるのでは?と考えています。
なお、今回開催のメガスーパーカーモーターショー2019にて(現時点で)出展されるスーパーカー達は以下の通り(あくまで予定段階なので、まだまだ多数出展されますし、一部変更が入る可能性もあります)。

Entry A. ブガッティ「シロン」

まずは世界限定500台のみ販売されたブガッティ「シロン」
排気量8.0L W型16気筒クワッドターボというとんでもないエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮するハイパーカーとなります。
ちなみに、このモデルは日本納車第一号の個体で、オプション価格は約8,000万円、総支払い額は約4億円と言われています。
以前、ブガッティ「シロン」を所有するオーナー5選の記事でもご紹介した1台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

Entry B. ブガッティ「ヴェイロン16.4グランスポーツ・ヴィテッセ」

こちらもかなり希少となるブガッティ「ヴェイロン16.4グランスポーツ・ヴィテッセ」
日本に正規輸入された個体は僅か2台で、その内の一台となりますが、その価格は約3億円と「シロン」に次ぐ超高額モデルとなります。

Entry C. ケーニグセグ「アゲーラRSR」

こちらは日本でしか納車されていない”日本限定3台のみ”となるケーニグセグ「アゲーラRSR」
世界限定25台のみとなるハイパフォーマンスモデル「アゲーラRS」の更なる限定車種(つまり25台中の3台が日本限定モデル)となりますが、その内の1台がコレ。
以前、ケーニグセグを所有するオーナー5選でもご紹介した一台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

Entry D. ランボルギーニ「カウンタック 25the Anniversary Edition」

こちらはランボルギーニ「カウンタック25th Anniversary Edition」
1970年代のスーパーカーブームの火付け役となった「カウンタック」をベースに、ランボルギーニの創立25周年を記念して657台製造されたうちの1台となります。
ドアが上に開くシザー・ドア(世の中ではガルウィング・ドア)が印象的で、まさにスーパーカーを象徴する一台となっています。

Entry E. ランボルギーニ「ディアブロSV」

これもまた希少モデルとなるランボルギーニ「ディアブロSV」
「カウンタック」の後継モデルとなる一台で、更にはハイパフォーマンス仕様で僅か343台のみ製造された希少モデルとなります。

Entry F. ランボルギーニ「アヴェンタドールSVロードスター」

こちらは現在のランボルギーニのフラッグシップモデルでハイパフォーマンスモデルとなる「アヴェンタドールSVロードスター」
クーペタイプが世界限定600台のみで、このロードスターは更に100台少ない500台のみ販売された個体となります。

Entry G. ランボルギーニ「ムルシエラゴ・ロードスター」

これもまた希少なランボルギーニ「ムルシエラゴ・ロードスター」
いや~後期仕様LP640-4でおまけにオープンタイプのロードスターというのは中々お目にかかれるものではありません。
しかもかなりド派手なイエローカラーですから、この個体のインパクトは相当なものだと思います。

Entry H. メルセデスベンツ「SLRマクラーレン722Sロードスター」

その他には世界限定150台のみとなるメルセデスベンツ「SLRマクラーレン722Sロードスター」

Entry I. ポルシェ「カレラGT」

こちらもかなり希少なポルシェのレーシング兼公道仕様モデルとなるポルシェ「カレラGT」

Entry J. アストンマーティン「DB11ローンチエディション」

アストンマーティン「DB11ローンチエディション」

イベントはクルマだけではない

上記以外にもまだまだ多数のスーパーカーが出展されるので、非常に見ごたえのあるモーターショーだと思います。

この他にも、スーパーカーを華やかに彩るコンパニオンの頂点を決めるミスメガスーパーカーモーターショーコンテスト2019も開催されます(インスタグラムはコチラ)。

ちなみに、昨年のメガスーパーカーモーターショー2018のイベント風景は以下のダイジェスト動画にてチェックできます。

【メガスーパーカーモーターショー2018ダイジェスト】

今年開催されるイベント会場の詳細は以下の通り。

会場:マリンメッセ福岡
住所:〒812-0031 福岡県福岡市博多区沖浜町7−1
電話番号:092-262-3111

☆★☆関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:MEGASUPERCARMOTORSHOW2019

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう