トヨタ・新型「ハイエース」のイメージ画像(海外輸出用)がリーク?4列シートのスーパーロングで、見た目もコースター風

新型「ハイエース」のイメージ画像がリーク?

さて、先日より何かと大きな話題となっているトヨタの新型「ハイエース(HIACE)」情報。
「ハイエース」の大きな特徴でもあるキャブオーバー式(出っ張りのないフロント)は、安全基準の兼ね合いもあって従来のミニバンにてよく見かけるセミキャブオーバー式へと変更されることになりそうですが、以前目撃された新型モデル「ハイエース」と全く同じと思われる海外輸出用のイメージ画像(オフィシャルかどうかは不明)がリークしています。

上の画像にもある通り、フロントボンネットはたしかに出っ張りのあるセミキャブオーバー式になっていて、フロントエンドグリルはメッキパーツを採用したデュアルフラットバータイプで若干「ノア(NOAH)」とダイハツ「ムーブ」のデザインを踏襲しているようにも見えますね。

フロントヘッドライトは、ベースグレードはハロゲンヘッドライトと思われますが、上位グレードになればHIDもしくはLEDヘッドライトが標準装備されると予想。
フロントバンパーのロア部分はボディカラーとは異なるグレータイプ(いわゆるデュアルトーン)ですが、この辺りはもしかするとモノトーンにも設定できるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

国際基準を意識した超絶ロングボディ

サイドから見てみるとこんな感じ。
超絶ロングな4列シート10人乗り仕様となる、現行モデルでいうところの「ハイエース・ラグジュアリー」的なモデルとなりそう。
フロント・リヤオーバーハングの出っ張りがかなり目立つデザインで、イメージ的にはコンパクトな「コースター」風。

それにしても…キャブオーバー式を採用していたことでフロントシート下に配置されていたタイヤが、フロントエンジン下に配置されたことでホイールベースが異常に長くなってしまい、ハンドルの取り回しが相当に難しくなりそうですね(ここまでくると四輪車両ではなく六輪車両でも違和感は無さそう)。
おまけにボディスタイルは、ルーフにかけてのAピラーの傾斜角はそこまで際どくなく、どちらかというとゆったりした印象を受け、車高も高く見える感じ。
ルーフはほぼフラットなので、車内の居住性はかなり良さそうですね。

改めて目撃された新型「ハイエース」を見てみよう

ちなみにこちらが再び目撃されている新型「ハイエース」のプロトタイプモデルですが、サイズ感としては海外輸出仕様とは異なってそこまでロングでは無さそうなイメージ。
ですが、スタイリング的には以下に分類されるスーパーロングタイプにはちょっと程遠いロングバン(標準ボディ)の3列シート8人乗りではないかと推測しています。

Via:https://www.flexnet.co.jp/

ハイエースのボディスタイルは基本的に4種類となりますが、今回目撃されている新型モデルでもフロントボンネットが張りだした形でロングバンやスーパーロングが登場するのかもしれませんが、やはり気になるのは全長で、現行のスーパーロングでも全長5,380mmあることを考慮すると、更にセミキャブオーバーを採用し10人分の車内居住性を考慮すれば更にロングになるのかもしれません(そうなると実用性は大きく低下)。

ちなみにコチラは目撃車両のリヤデザイン。
リヤテールランプは縦型のハウジングを採用し、そのすぐ近くには「ハイエース(HIACE)」のバッジがしっかりと貼付されています。
ちなみにリヤロアバンパーがブラックタイプになっているのでロングバン・ワイドボディタイプではないことがわかりますね。

新型「ハイエース」に関する記事はコチラにてまとめております。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう