レクサス「NX300h」9回目給油。納車して10か月目にしてようやく7,000km突破していた件

改めてハイブリッドは長距離移動で活用すべき

さて、かなり久々となる「NX300h F SPORT」9回目の給油。
前回8回目の給油が2018年12月25日で、今回9回目が2019年2月8日と約1か月ぶりとなり、更には2019年初の給油となります。

今回は昨年末の神戸~福井への長距離移動、今年に入っては福井~石川の中距離移動、そして福井~神戸への長距離移動とそれなりに重なっていたものの、それでも何とかワンタンク(燃料タンク56L)で走行することができたので、改めてNXハイブリッドの低燃費性能にはかなり助かっていると実感。

▽▼▽関連記事▽▼▽

2019年に入っても、「NX」の活用頻度はめっきり減ってしまっていますが、正直今の時点でこの車を売却しようかどうかとても悩んでいる状態なんですよね…
先日ネット査定に出したり、ディーラにて下取り額を調査してもらったりと、何やかんやで売却の下準備的なことを進めてしまっているんですが、やはり所有期間に対しての総走行距離やボディ・内装の状態、メンテナンス等をトータルしても、SUVという車だけでその評価はかなり高く、買取価格も期待値以上でした。
正直自分でも驚いていますが、まさか「NX」がここまで価値の高いものだとは思っていませんでしたし、これはこれでもう少し乗るのもアリなのかな?と思っている自分がいたりで色々と複雑だったりします。

スポンサーリンク

この車に乗ることの幸せは、自分ではなく誰かのためになってきている

あと、今回の給油のタイミングに合わせて、私の「NX」も総走行距離7,000km突破。
約10か月目にしての突破となりますが、前車の「CT200h」なら1か月半かからずで突破していましたし、今の社用車として活用中の「デミオ」等も2~3か月ぐらいで余裕で突破していましたね。
それだけ今回「NX」は全くと言って良い程に乗れていないのですが、長距離移動も含めて週末乗りに活用するには十分すぎる一台ですし、何よりも自分以外に乗る人が”この車を好き”という風に思っていることがうれしくて、その気持ちを味わいたくて乗り続けているというのもあるのかもしれません。

今まで車に乗って開始5分ほどで酔っていた人が、今では約4時間のロングドライブでも全く酔わないですし、車内では楽しく快適に過ごしてくれているので、その姿を見ると「NX」で色んなところに行きたいと思わせてくれるのも、この車の凄く魅力あふれるポイントなのかもしれません。

9回目の給油記録を見ていこう

大分話は逸れてしまいましたが、9回目給油後の「NX300h」の燃費記録を記載していきたいと思います。

【「NX300h F SPORT」9回目の燃費記録】
走行距離:791.4km
総走行距離:7,020km
給油量:55.47L
メータ上燃費:14.7km/L
実燃費:14.3km/L
燃料タイプ:レギュラー
燃料単価:137円
トータル燃料価格:7,599円

「NX300h」の最大燃料タンク56Lに対して、僅か0.53L残しでの満タン給油となりました。
ただ、この給油量は燃料タンク+給油口の入口ギリギリまで給油しての数字となるため、満タン給油完了の際に一度給油がストップ、そこから追加で給油の引き金が「ガチッ」と言わない力加減にて給油口ギリギリまで調整給油しています。

今回、給油警告灯が点灯したときのトリップメータは670kmを表示していたので、そこから更に約120km走行していますが、それでもまた0.53Lのガソリンが残っていたということを考えると、14.7km/L×0.53L=約7.8km走行可能でしたが、直観的に「あっ、これガス欠寸前まで来てるな…少し余裕持って給油するか」という考えだったので、今回の判断が間違っていなくてよかったです(っていうか危なかった)。
ちなみに、自宅から兵庫・神戸に向かうまでオール下道だったのですが、自宅から出発時の給油後平均燃費は14.2km/L、そして今回給油直前の燃費は14.7km/Lと一気に向上しているのがわかります。
やっぱりハイブリッドは長距離移動に適してるんだなぁと思う一方、街乗り程度で走らせるには勿体ない代物だなぁと思った次第です。

私の「NX」に関する記事はコチラにてまとめています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう