トヨタ・新型「GRスープラ」の簡易カタログ入手。ボディカラーは8色、ちょっとしたこぼれ話も

日本仕様のトヨタ・新型「GRスープラ」の情報が一部明らかに

昨日より開催中の大阪オートメッセ2019にて、トヨタの新型「GRスープラ(A90)」(日本仕様)が世界初公開されていますが、一方で2/9(土)~11(月)の三連休で福井県産業会館ではトヨタ大決算商談会が実施中で、トヨタ車両全ラインナップが展示され、併せてGRモデルも複数台展示される大きなイベントとなっています。
そんな中、やはり大きな注目を受けているのが新型「GRスープラ」ブースで、今回特別に簡易パンフレット(カタログもどき?)を入手し、更にはちょっと変わった「GRスープラ」に関するこぼれ話も聞いてきました。

まず今回配布されている簡易パンフレットですが、表裏印刷された1枚ものになっていて、表紙には「2019年春頃、日本発売予定」と表記されていますね。
厳密な販売時期は未だ不明ですが、4月中ごろが濃厚で、新型「RAV4」の発売時期(4月10日)よりも遅くなるとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

早速「GRスープラ」の簡易パンフレットの中身をチェックしてみよう

こちらが裏面(上半分)ですね。
早速記載内容をチェックしていきましょう。
今回のスープラのコンセプト内容は以下の通り。

【GR Supra ALL New】
スープラのDNAである直列6気筒エンジンやFRレイアウトを継承。
さらに「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素にこだわり、走る楽しさを極めた、ピュアスポーツカー。

【Package~ピュアスポーツカーとしての素性を追求したパッケージ~】
パッケージ開発の段階から、優れた回頭性を引き出す、ショートホイールベース&ワイドトレッドの理想的なバランスを追求。重心の低さにも徹底してこだわり、水平対向エンジンの86よりもさらに低い重心高を実現。前後重量バランスについても、理想とされる50:50の配分を達成している。

【Design~スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトの特徴を十分に活かしたデザイン~】
直6を搭載するFRらしいロングノーズ&ショートキャビンのシルエット。上下に薄いインパネと高く幅の広いコンソールによる、典型的なFRスポーツカー空間など、内外デザインにはパッケージ・レイアウトが持つ特徴が存分に活かされている。

続いては下半分。
コンセプト内容とボディカラー、グレードラインナップとなっています。

【Body~高次元の走りを実現する高剛性ボディ~】
アルミと鉄を用いた骨格構造や、異なる素材同士の接合強度を追求したことで、86の約2.5倍ものボディ剛性を実現。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)キャビンを採用したレクサスLFAを上回る。

【Engine~伝統を継承する直6ターボエンジン、2種類の直4ターボエンジン~】
最大トルク500Nmを発揮する直6 3.0Lツインスクロールターボエンジンと、チューニングの異なる2つの直4 2.0Lツインスクロールターボエンジンをラインナップ。いずれも8速スポーツATが組合わせられる。

今回日本仕様にて販売される「GRスープラ」のボディカラーは全8色。
詳細ラインナップは以下の通りとなります。

【「GRスープラ」ボディカラー一覧】
○ホワイトメタリック
●シルバーメタリック
○アイスグレーメタリック
●ブラックメタリック
○プロミネンスレッド
●ライトニングイエロー(有料色)
○ディープブルーメタリック
●マットストームグレーメタリック(有料色)

最後はグレードラインナップ。
「GRスープラ」では、唯一日本仕様のみ直4モデルと直6モデルがラインナップされます。
詳細は以下の通り。

【「GRスープラ」グレードラインアップ】(乗車定員:2名)
[グレードRZ]
・エンジン:直6 3.0Lツインスクロールターボ
・最高出力:250kW[340ps]/5,000 – 6,500r.p.m
・最大トルク:500Nm[51.0kgf・m]/1,600 – 4,500rpm
・駆動方式トランスミッション:FR/8速スポーツAT

[グレードSZ-R]
・エンジン:直4 2.0Lツインスクロールターボ
・最高出力:190kW[258ps]/5,000 – 6,500r.p.m
・最大トルク:400Nm[40.8kgf・m]/1,550 – 4,500rpm
・駆動方式トランスミッション:FR/8速スポーツAT

[グレードSZ]
・エンジン:直4 2.0Lツインスクロールターボ
・最高出力:145kW[197ps]/4,500 – 6,500r.p.m
・最大トルク:320Nm[32.6kgf・m]/1,450 – 4,200rpm
・駆動方式トランスミッション:FR/8速スポーツAT

「GRスープラ」のちょっとしたこぼれ話も…

なお、新型「GRスープラ」は(福井の場合であればGRガレージが無いので…)では「トヨタ自動車/トヨペット/トヨタカローラ/ネッツトヨタ」の4ちゃんねるにて販売されるのですが、肝心のメンテナンスは全販社では対応しておらず、恐らく1~2店舗に絞られるとのこと。

っというのも、「GRスープラ」に搭載されるエンジンはBMW製で非常に特殊であり、特殊工具キットを揃えるのに約500万円も要するとのことから、この工具を全販社に配備するのは得策ではないとの考えがある模様(そもそもそんなに「GRスープラ」が売れることは無いと予想しているため)。

加えて納期についても、基本的には受注生産になるとのことで、受注が集中すれば納期半年レベルになる可能性も十分あり、これについては販売時期の1か月前にはある程度の目星が付くのでは?とのことです。

そして、日本仕様の「GRスープラ」の限定モデルについてですが、これについては販売される予定はないとのこと。
そもそもトヨタでは限定車両(特別仕様車は別)を販売することはほとんど無く、前回の限定350台のみ販売された「マークX GRMN」が非常に稀なケースだったため、今回の「GRスープラ」は量販のみが販売される予定となっています。

☆★☆スープラ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう