本当に登場するの?マセラティ「アルフィエーリ(Alfieri)」のプリプロダクションモデルが2020年に登場する予定

いよいよ「アルフィエーリ」プロジェクト始動?

マセラティは、2018年6月頃に2018年~2022年のプロダクションロードマップを公開し、その中でトップレンジスポーツモデルとなる「アルフィエーリ(Alfieri)」の開発計画を明らかにしていましたが、どうやらこの個体と思われるプリプロダクション(量産試作)モデルが2020年に登場する可能性が高いと説明しています。

マセラティは、具体的にこのプリプロダクションモデルが「アルフィエーリ」であることを明確にしていないものの、”特徴的ともいえるマセラティのスポーツカー”を生み出すため、今秋にもモデナ工場にて生産ラインをアップロードすることを発表しています。

スポンサーリンク

厳密には「グランツーリズモ/グランカブリオ」の置き換え?

仮に「アルフィエーリ」が発表される場合、恐らくこのモデルからクーペタイプとコンバーチブルタイプがラインナップする可能性が高く、それは2018年6月のキャピタルマーケットデーでも説明済み。
モデルタイプとしては、現ラインナップにある「グランツーリズモ/グランカブリオ」の置換えとなるように設計され、そしてアルミニウムスペースフレームプラットフォームへと置き換えられることが予定されています。

そうは言っても本当に登場するの?

なお、マセラティは2014年に開催されたスイス・ジュネーブモーターショーにてコンセプトモデルを発表しており、その翌年の5月には量産モデルの計画を発表済み。
とは言いながらも、こうした開発計画を示しながらも一向に開発している風には見えず、気付けばあと2か月足らずで平成も終わり。
今回もプリプロダクションモデルが登場するとの情報がありましたが、「本当に登場するのか?」というのが正直なところ。

ちなみに、当初のパワートレインとしては、V型6気筒エンジンのみを搭載し、最高出力410ps(FR)/450ps(FR)/520ps(AWD)の3グレードがラインナップ予定となっていましたが、今現在はプラグインハイブリッドとオールエレクトリックモデルがラインナップされる予定となっています。
具体的なスペックには不明ですが、0-100km/hの加速時間が2秒以下、最高時速は300km/hにまで到達することが目標とされています。

☆★☆「アルフィエーリ」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう