レクサス「UX」とナイキのエアフォース1でお馴染みジョン・エリオットがコラボしたホワイト・タイヤを世界初公開

レクサスがナイキデザイナーと夢のコラボ

若年層を筆頭に、女性からも厚い支持を受けるレクサスのエントリークロスオーバー「UX」と、ナイキのエアフォース1をデザインしたジョン・エリオット(John Elliott)氏が共同開発によって生み出された特別なホワイト・タイヤが世界初公開されました。

今回ジョン・エリオット氏がデザインしたタイヤは、ナイキの主要シューズでもあるエアフォース1をベースにしたハイエンドフットウェアをイメージしたもので、「唯一のUX」を表現するために100%オーダーメイドタイヤを開発。

上記にもある通り、今回装着されているタイヤは”シューズ”からインスピレーションを受けているため、クラシックなシルエットを表現する一方、クリーンでモダンなデザイン精神も併せて表現。

スポンサーリンク

タイヤの表面はとにかく複雑

タイヤのグリップ性能を発揮するためのタイヤ溝も不規則で、非常にナンセンスにも見えますが、この独創的なデザインに加えて、タイヤゴムの表面にはシボ調に仕上げられる等、とにかく複雑な造りになっています。

耐久性やグリップ性能、寿命性などは一切明らかにされていませんが、あくまでも今回作られたタイヤは、都会派クロスオーバーを先駆とするレクサスのブランド価値の一つでもあるため、ここからもしかすると「UX」の新たなストーリーが生み出される可能性が高まるかもしれません。

☆★☆「UX」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう