何コレ凄い…ランボルギーニ「ヴェネーノ」やブガッティ「シロン」等、史上最も完成度の高いレプリカモデルを中国が開発中

やはり中国のコピー技術は一級品だ…

中国の某メーカにて、世界限定3台のみ販売されたランボルギーニ「ヴェネーノ」を始め、ブガッティ「シロン」やフェラーリ「ラ・フェラーリ」、パガーニ「ゾンダR」、マセラティ「MC12」といった超希少なハイパーカーのレプリカモデルを開発しているところが目撃されています。

スポンサーリンク

ゆくゆくはこのレプリカモデルを市販化する?

今回目撃されているレプリカモデルは、カーボンファイバもしくはグラスファイバにてボディが製造され、しかしその一方でブガッティ「シロン」のレプリカモデルに関してはスチール製もしくはアルミニウム製にてボディパネルが組み込まれているとのこと。

中々ここまで完成度の高いレプリカモデルに仕上げてくるメーカもそうそういないと思いますが、その中でもかなりの勢いで組み付けが進められているのがランボルギーニ「ヴェネーノ」。
正直本物と見間違えてもおかしくないほどに精度高く仕上げられていますが、実はこの個体のベースはランボルギーニのフラッグシップV12モデル「アヴェンタドール」。
プラットフォームやエンジンはランボルギーニベースではあるものの、必要最小限のコストと高い品質にて4億円以上もする「ヴェネーノ」を作りだすというのは中々の発想だと思います。

それ以外のモデルについてはまだまだ開発段階にあるものの、恐らく今回のような「ヴェネーノ」のような高い完成度にまで到達するとは思いますが、ランボルギーニは共通のパーツがあるから良いものの、それ以外はベースモデルが何になるのかが気になるところ。
そして、このレプリカモデルを一体どれだけの価格帯にて販売するのかも要チェックしていきたいところです(もちろん販売したらしたで各メーカは黙っていないと思いますが…)。

☆★☆スーパーカーレプリカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう